朝活をはじめて本当に変わった!メリットとデメリット:健康編

朝活歴3ヶ月のちゃーこです。おはようございます!
完全に思いつきではじめてしまったこの朝4時起き生活ですが、まだ続いています。

まだたったの3ヶ月ではありますが…。
挫折山盛りで生きてきたわたしにとっては、「こんなに続くなんて珍しい・・・!」です。

というわけで、4時起き朝活のメリットとデメリット:生活編に引き続き、
身体というか健康的にはどうなの!?みたいなところについてまとめてみたいと思います。

朝4時に起きてます!で起こったメリットいろいろ

  • 朝の爽快感が違う!身体の疲れが翌日に残っていない感じがする
  • 不思議なもので、妙にくよくよしてしまう日が減った
  • 夜ご飯が軽めでも耐えられるので、何もしていないのにちょっと痩せた
  • 日中、ついついボケーーーッとしてしまう、ということがなくなった
  • 肌のハリがぷりんと上がった。肌荒れが起きにくくなった。
  • むくみに悩むことがけっこう減った
  • 夜もストン!と眠ることができる

朝起きるためには、夜遅くとも22時までに眠らなくてはいけません。
少なくともわたしは、22時を過ぎてしまうと翌朝本当に起きれなくなります。起きれても起き上がるのが面倒になるんです。

なので、たぶんこのメリットは毎日22時までに寝ること、に対するメリットだと思います。

とは言え…。

朝の爽快感!疲れが残らない感!

とても気持ち良いです。

朝、こっそり美味しいものを食べるのも楽しい
朝からこっそり何か食べてもあんまり罪悪感もないし…w

眠りのゴールデンタイムは22時〜2時らしいですが、その間に本当に眠ることの大切さが身に沁みてわかります。
疲れが残らない爽快感ももちろんですが、肌のハリとツヤもすごいです
自分でいうのもアレですが、この生活をはじめてからというもの、肌が本当にツヤッツヤしています(*´艸`)

やっぱり夜がちょっと…。朝活してるデメリットは

続いて、デメリットです。

  • 夜、20時くらいになると急にズーンと疲れがやってくる
  • 23時とかになると、もう頭も回らない
  • 生活リズムが崩れてしまうと、元に戻すのに勇気と活力がいる
  • 起きてすぐは寒すぎて動けない(冬場は対策が必要)

早寝早起きを続けていく上でのデメリットはやっぱり、夜でしょう。
日が出ている間は元気いっぱいグリグリ動けますが、日が落ちて気持ちも落ち着いてくると、ずしーんと1日の疲れがやってきます。

ちょっと夜更かしなんてしちゃった日の頭が全然動きません!という感じは、自分でもびっくりするくらいです。

まとめ:朝4時起きは、受けられるメリットが多い!そして、継続が大事。

早寝早起きは継続こそ大事…

そんなわけで、まとめてみると

  • 早寝早起きは、生活面でも身体面でも本当にメリットが多い
  • なんとなくだるい…から、スッキリ爽快!な生活に
  • 肌もプリプリだし、ひとりの時間の大切さにじんわり感動する
  • でも、継続しないとしんどいし元に戻すのに勇気がいる
  • あと、冬の寒さと家族とのすれ違いには、必ず対策が必要

朝ここまではやく起きるというのはけっこう勇気がいるんですが、できるようになると本当に良いことが多いです。
ちょっと気合いが必要だとは思いますが、もしご都合的にできそうなら、やってみてー!と思ってます。

スポンサーリンク

ぜひまたお越し下さい!

もし、このブログを気に入っていただけたなら、また遊びにきていただけると嬉しいです。
最新の更新情報を確認していただくには、facebook、twitter、Feedlyなどのご利用が便利です。

  • follow us in feedly