あこがれだった、野田琺瑯のやかん(アムケトル)を使いはじめました

けっこう前の話ですが、3月に誕生日でついに30歳になってしまいました。
そのとき誕生日プレゼントとして、野田琺瑯のケトルをもらったのです。

ずっとずっと、欲しいなあ楽しいんだろうなあでも高いなあと憧れていた、野田琺瑯。
いろいろ欲しいなあ集めたいなあと思うものはあるのですが、特に買おう!と心に決めていたのが、やかんでした。(アムケトルと言うらしい)

そんなことに共感してくれていた夫が、良い機会だし!とプレゼントしてくれたのです。

やっぱり、野田琺瑯かわいい。高いんだけど、考えようによって納得できた

野田琺瑯のアムケトル。緑でした。

わたしがずっと、野田琺瑯のやかん、欲しいけど無理だー…と思っていた理由は値段でした。
でも、よくよく考えてみると10年以上前に700円で買ったやかんをまだまだ使っていたことに気がついたのです。

もし5千円で買ったとしても、壊れない限り10年以上は使うことになるんだから。
しかも、普通のやかんじゃなくて好きなやかんを使えば、気分も良いはず!

それならもしかしたら、これくらいの投資は悪くないことなんじゃ…?

と思うようになったのです。

もう使いはじめて2ヶ月弱経ってますが、まだまだそこにあるだけで嬉しい気分になれることが多いです。
なので尚更、これは買って良かったなあ!と思っています。
(やかんだけでこんなに気分が和むなんて普通ないもんなあ、と)

ホーローのやかんなので、ちょっとだけ使い方に注意は必要なのかも…?

とは言え、普通にガンガン使えるステンレスとかのやかんとは違い、ホーローってちょっとクセがあるというか、気をつけた方が良いこともいくつかあると思います。

使いはじめた時に個人的に「お?」と感じたのはこのあたりでした。

  • ホーローは表面がガラスだから、ぶつけたり落としたりしないように気をつける
  • 同じく、強火でガンガン使うと傷みやすくなるかも…。中火くらいで使うように
  • 実はストーブで使うのもやめておいた方が良いらしい
  • なんでかよくわからないけれど、ぶしゅっぶしゃっと大量に吹きこぼれることが多い…
  • サビ防止のために、使ったらちゃんと乾燥させる必要がある
  • 傷つけないため、たわしとかでゴシゴシ洗うのも良くない

衝撃ときずに弱い面は確かにあると思います。
このあたりは慣れのような気もしますが…。(それ以上に使っていて嬉しい方が大きい)

こんなに可愛い見た目なのに、ストーブとかでは使えないのが残念と言えば残念です。

※こちらも参考になると思います。
琺瑯のお手入れ - 野田琺瑯株式会社(http://www.nodahoro.com/maintenance/)

あと、大量に吹きこぼれるのが、ホーローの特徴なのかどうかはよくわからないですが…。
吹きこぼれて困る!!という場合は、ふたを半開きにしてお湯を沸かすと防げるみたいです。
ふたがしっかり閉まるから、ぶしゃっと煮こぼれしてしまうのかもしれません。

この方法だと、ギリギリいっぱい入れてもほとんどこぼれずちゃんとお湯が湧かせるので、地味に助かっています。

お茶湧かし用に使ってますが、お手入れは慣れたらけっこうラクだなあと思っています

上から見たところがなんだか和む…。

ちなみに、ホーローはステンレスに比べたら圧倒的に「汚れる」ことには強いそうです。
茶渋がついたり焼けたり、ステンレスって確かに「茶色くなる」印象がありましたが、ホーローはそういうことはないようです。

うちも以前使っていたステンレスのやかんは「部活用…?」と思うくらい茶渋とかついて汚かったのです。
だから、そういうところは地味に嬉しいところだと思いました。

水入れっぱなしは良くない!というのはちょっと面倒かと思いましたが、すぐ慣れました。
洗うのは簡単だし、お手入れらしいことはけっこうラク?と思っています。
落としたりしないように大事にすることが地味に1番大変かも…^^;

大事に末永く使っていけるようにしたいと思います。

そしていつかは、お茶湧かし用にアムケトルを、湯沸かし用にボトルを並べられるようになりたい…!
ボトルは青か黄色が良いな…。

3月頃はなんだか入手困難だったそうですが、今は普通に購入できる様子です。

野田琺瑯 電磁調理器対応 アムケトル 2.0L グリーンAM-20K

野田琺瑯 電磁調理器対応 アムケトル 2.0L グリーンAM-20K
野田琺瑯 

Amazonで見る 楽天で検索

ぜひまたお越し下さい!

もし、このブログを気に入っていただけたなら、また遊びにきていただけると嬉しいです。
最新の更新情報を確認していただくには、facebook、twitter、Feedlyなどのご利用が便利です。

  • follow us in feedly