ホームベーカリーのパンをうまく切りたくて…。パン切りスライサーというものを使ってみた

この頃、使われていなかったホームベーカリーを借りることができて、毎週自宅で食パンを焼くことができています。
小麦粉やらバターやらをいろいろ試してみたり、おいしそうなレシピを探してみたり、たかがホームベーカリーですがなかなか楽しいようです。(夫がやってくれている)

でもホームベーカリーで食パンを焼くとどうしても困ることがありました。
それは、食パンをちゃんと切っておくこと。

パン切り包丁を自己流でザクザクやって切っていくとどうしても

  • まっすぐ切れない
  • 同じ厚みに切れない
  • そもそも適当な厚さに切れない

と、困ることが多々あったのです。

なので、最初はこれをなんとかしないと家で食パンを作っても食べすぎるし高くついてしまうなあ…と感じていたのですが。
なんとか上手に切るコツをつかめてきて、コストパフォーマンス的にも悪くない食パン作りができるようになったと思っています。

食パンを上手に切るコツはやっぱり道具。自力でなんとか…は難しいと思う。

そもそも、食パンを上手に切るのはかなり難しいです。
なんとかコツをつかんで道具も使わず自力でなんとかしようというのはもしかしたら無理なんじゃ?と思います。

でもわたしもはじめはちょっとしたことだし、できれば自力でできたら良いなあ、と思っていました。

まずはレビューでよく切れるとされていたパン切り包丁を導入しました。
が、確かに切れるけれどまっすぐ切るにはかなり技術が必要。
包丁の使い心地は関係ないということがよくわかりました。

それから、

  • 冷ましてから切る → 基本的にやってみていたけれどいまいち関係なし
  • 包丁をあたためる → 切りやすくはなった気はするけれど、包丁に悪そう…
  • 横に寝かせて切る → つぶれにくいけれどまっすぐ切るのは難しい

など、調べてみた方法もちょこちょこ試してみましたが微妙で…。

切れるには切れるのだけど、やっぱり難しい。
あまりに分厚く切ってしまうとコストパフォーマンスも悪いし食べ過ぎてしまうし。
実際にいろいろやってみるとまあ、うまくできる方法がないことないこと。
(自分が不器用だからというのもある気がしますが^^;)

これは諦めて道具に頼ってみた方が良いのかもしれないなあ、と考えるようになりました。

そんなわけで使ってみたのが、ホームベーカリースライサーというもの

なので、まずはどの道具に頼ることにするか?というところから始めました。
そんなときにこれは手軽で良さそうだなあ、と買ってみたのが、このパン切りガイド。

うちで使っているパン切りガイド。横型。

ホームベーカリースライサー PS-955というものらしいです。

このパン切りガイドの特徴はこんなところだと思います。

  • 包丁を縦ではなく横から入れて切れるガイド(なのでパンがつぶれにくいと思う)
  • 1cmから3cmまで、いろんな厚みに切ることができる
  • 4つくらいのパーツを組み合わせて使うものなので、(面倒だけど)使用後はしっかり洗える
  • 包丁を横に入れるので、熱々のパンでもけっこうちゃんと切れる
  • でも、使いこなすのに少々コツと慣れは必要かと思う
  • 長めの包丁を使って切らないと、使いにくいところはある
  • 値段が1,000円前後。ガイドの中ではだいぶお安い
  • こういうガイドの中ではかなり省スペースで収納できるものだと思う

(個人的にはパン切りガイドの中ではなかなか安くて省スペースで使えるところが気に入っています)

そんなパン切りガイド、使ってどうなったかというと。
自分が思った以上に一定の厚みにスパッとまっすぐきれいに切れる!
となりました。

特に自分で切れないほど薄く切れるのにちょっと感動。サンドイッチも怖くない

このガイドのおかげで、サンドイッチ用のパンも切れる

このガイドを使うようになって1番良かったのは、食パンを薄くも切れるようになったことです。

自分できると薄くしようと思ってもなぜか5枚切り!?くらいの厚みになってばかりだったのですが。
ガイドを使うようにしただけで、絶対に自分では切れないくらいの厚みで切れるようになったのがとても嬉しい。
スパッと1cmに切れた時にはちょっと、パンを眺めてニヤリとしてしまうほどです。

ちなみに、上手に使いこなすコツは個人的にはこんな感じだと思います。

  • パン切り包丁を大きく動かすこと(細かくザクザクやると失敗しやすい)
  • 切るときに下に切り進めるように包丁を動かすこと
  • パンがつぶれそうなくらい、しっかり押さえて切るとより失敗が少ない

最初のうちはこのコツをつかんでいく必要はあります。
でも、慣れてしまえばけっこう誰にでも使える道具のような気がします。
(なんだかんだと夫でもきれいに切れるようになってきました)

他にもパン用のスライサーはいろいろありますが…。倒して切れるのは便利だと思う

ちなみに、パン用のスライサーは一般的に縦にパン切り包丁を入れるものが多いです。
わたしも最初はそっちの方が良いのかなあ?と思っていたのですが…。

  • パンが膨らみすぎるとガイドが使えなくなることが多い
  • 変なかたちのものが多く、収納に困りそう…
  • 結局、パンがつぶれて使いにくいというレビューも目につく
  • 良さそうなものは値段も少々お高いものが多い

と、どれを選べば良いのかいまいちよくわからなくなってしまったのです。
なので結局、このパンを倒して切るタイプのものにしてしまいました。

こちらはこちらで多少クセはあるとは思います。
でも、コツさえつかめば使いやすいし結果的に良かったと思っています。

普段は、あまり無駄な道具は使いたくない派なのですが…。
確かにパンを切るとき以外に使いどころがない道具ではあるものの、この道具があるのとないのとでは全然違う。

これは確かに食パンを焼くお家なら必要な道具なんじゃないかなあと思っています。

定価だとちょっと高いけれどお値段的にはアマゾンでも楽天でもだいたい1,000円前後で買えるみたいです。

ホームベーカリースライサー PS-955

ホームベーカリースライサー PS-955
和平フレイズ

Amazonで見る  楽天で探す

ぜひまたお越し下さい!

もし、このブログを気に入っていただけたなら、また遊びにきていただけると嬉しいです。
最新の更新情報を確認していただくには、facebook、twitter、Feedlyなどのご利用が便利です。

  • follow us in feedly