トマトは生より煮たり焼いたりする方がおいしい気がする

らでぃっしゅで意外とよく送られてくる野菜のひとつ。
それはトマトです。

普通サイズのトマト、ミディトマト、ミニトマトなど。
そんなに変わったトマトはありませんが、気がつくと「あらまたトマトきたわ」となっています。

つぶして冷凍してしまえばホールトマトのように使えるので便利と言えば便利。
(この頃はホールトマトも値上がりしていて、使いづらいし)
ひと手間かければいろいろ使える印象もあるものの…。

基本的にはどう調理して良いものか悩みがちな野菜のひとつだったのです。

困り果てて試しに切って焼いてみたら、見事にハマった

毎回サラダに使うわけにもいかないし。
そのまま食べていたら、おかずにならないし。
しっかり煮込み系のトマト料理を作るのは面倒だし。

美味しそうなのに困ってしまうことが多い野菜でもあるトマト

どうしたものかと困り果てていたところ、何かでトマトは焼いた方がリコピンが増える!と見かけたことを思い出したのです。
ピザみたいに、切って焼いてみたら良いかも!と思い至り、

  • ヘタを取って適当にくし切りにして(輪切りにすることもある)
  • グリル皿に適当に並べて
  • お塩をかけたりアンチョビをのせたりチーズを盛ったり
  • オーブントースターかグリルで適当に焼いてみたら

見事、おつまみっぽい子どもにも美味しいトマトグリルができました。

ドーンと食べられるトマトグリル

これがなんともジューシーで食べごたえもあって。
2週おきくらいにトマトが届いていたときに毎回これにしてしまうほどハマりました。
(むすめには「またこれー」と言われたものの、夫には「美味しいからむしろ良い!」と言われていました)

  • ナスやズッキーニと一緒にグリルしてみたり
  • 時にはフライパンでもグリルしてみたり
  • しょうゆやバルサミコ酢やニンニクなど味付けも微妙に変えたり

グリルに入れるだけなので、調理自体も簡単だし失敗しないし。
工夫次第でバリエーションもそこそこできるのでなかなか楽しいです。
きっと栄養価的にも悪くないはず。

実はわたし、トマトは嫌いな野菜でした

そもそもわたしは、トマトの匂いやら外見と中身のギャップやら甘いか酸っぱいかよくわからない味やらいろいろ気になって苦手でした。
(そのまま食べるとブシュッと飛び出すのがもともと苦手)
調理されているトマトなら食べるけれど、生では絶対食べなかったです。

でも、らでぃっしゅぼーやで野菜を頼んでいるとそうも言ってられないくらい来るので…。
最初の頃はトマト好きなむすめに大半を食べてもらったり、とりあえず切って出すだけにしていたりしていましたが。
なんだかそれももったいないので、いろいろ試すようになりました。

そんなトマト嫌いですが、今では全然平気です。

  • 焼いたトマトのおいしさにハマり
  • ナムルっぽく食べているうちに味に慣れ
  • ドレッシングと合わせたら美味しく感じられるようになり

そのうちサラダにドーンと入ったトマトも食べられるようになりました。
ピーマン以上に苦手だったのに、うそみたいです。

らでぃっしゅぼーやのトマトは甘みがけっこうあるというか、トマトっぽい臭さ?が少ないような気がするおかげかもしれません。

そんなこんなで今では生でも全く問題なく食べられますが、やっぱり食べるなら焼いた方が美味しいなあ、と感じます。
けっこうしっかり量も食べられるので、トマトが余ったどうしよう!なときに、ぜひ試してみてもらいたいです。

ぜひまたお越し下さい!

もし、このブログを気に入っていただけたなら、また遊びにきていただけると嬉しいです。
最新の更新情報を確認していただくには、facebook、twitter、Feedlyなどのご利用が便利です。

  • follow us in feedly