買ってよかったフライパンのふた。自立して兼用できて引っかけられて中身が見えるのが便利

我が家ではフライパンには専用のフタではなく、いろいろなサイズで使えるカバーを使っています。

もともとは、使っているティファールのフライパンのフタを買おうと思ったら、純正のものがちょっとお高いことがきっかけでした。
最初は正直、やっぱり純正の方が良かったかな…と感じることもありました。
でも、いろいろ使い込んでいくうちに、メリットいろいろ、「これにして良かったなあ!」と感じることができるようになってきました。

ただ、フライパンカバーもけっこうピンキリで…。
ちゃんと自分の用途に合ったものを選ばないと、「こりゃダメだ」になりやすいものではあると思います。

うちも実は最初のフライパンのフタはダメだった。ふにゃふにゃですぐ倒れて結局割れて…

というのも実は、今使っているフライパンのフタ(カバー?)は2代目。
最初に買ったものは1年半ほど使ったものの

  • 自立するとなっていたけれど不安定ですぐ倒れる
  • サイズが難しい。使えるものが限られているような…?
  • ちょっと倒れたり落としたりしただけでフニャフニャに曲がる
  • 汚れがついたらこびりついてなかなか取れない
  • 大きめのガラス窓は強化ガラスのはずなのに、ある日突然ピシッと割れた

無惨に割れてしまったフライパンのフタ

と、使っていても「なんだかなあ?これはどうなんだ?」と感じることが多いものでした。
どんどんフニャフニャに曲がっていくので、フタの役割もいまいちよくわからなくなってきていたし、不安定で置き場所にも困るのでどうしたものかと思っているところでピシッと割れて。
やっぱり純正の方が良かったのかなあ?と感じることも確かにありました。

次に買ったフライパンカバーが良かった。安定感もあるし収納しやすい。使える範囲も広がった

そんな中で懲りずに次のフライパンのふたも結局同じような感じのものを選びました。
違うのはメーカーくらいで、サイズも値段もほとんど変わらない、というものです。

新しく買ったフライパンカバー。これが良かった!

※購入したもの: フッ素樹脂加工フライパンカバー 18・20・22・24cm スタンド付き DW-1920

そんな経緯があったので、このフタにもそんなに期待はしていませんでした。
でも、うちでは小さめのフライパンや鍋に使うことが多いので、とても使い勝手が良かったのです。

  • つるつるでなんだか汚れが付きにくいみたい
  • ガラス窓がボッコリ出っぱっているので、割れる心配もなさそう
  • ボコボコとくぼみがついているので、フライパンにフィットしやすい
  • 立てた時も安定感がある。滅多に倒れない
  • 引っかけられるフック?がついているので、引っかけて収納できる
  • 軽いけれど頑丈。ちょっと倒れても変形はしづらいと思います(他と比較して)

このボコッと出っぱりやフックなど細かく便利

うちでは22cmのフライパン、18cmの鍋などで使っていますが、しっかりフィット感があります
あと、他にもサイズはあるようですが、ひっかけられるフックがついているのはこのサイズだけのようです。
引っかけられるのもかなり良いところなので、その点はとても残念。

軽くてすべりやすいかな?という面があるので、ジャストサイズ(24cmくらい)のフライパンにはもしかしたら滑るかもしれません。
どちらかというとサイズ大きめのものを使った方が良さそうだと思います

目玉焼きを焼く時にありがたさに気づく。軽いけれどちゃんと蒸せて助かる

このフタにして良かったなあと思うのは、目玉焼きを焼く時が多いです。
子ども用にも焼こうと思うと、中までしっかり火を通すためにもフタは欠かせないものなので…。
軽いけれどちゃんとフタになって、火を通すことができるので安心できます。

うちはちょっとずつ平行して料理することが多いのですが、そんな時に兼用できるので、とても気に入っています。

たぶん、大家族の料理をすることが多かったりすると向かないと思います。
でも、まだ子どもが小さいご家庭、とか、夫婦だけのご家庭とか、一人暮らしとかに良さそうです。

こういうのってホームセンターとかでもなかなか品数が揃っていないなど、選ぶのが難しいのですが…。
収納とか効率とかがグンと変わってくる気がするので、大事にしたいなあと思っています。

最安は楽天。でもお店によるのでAmazonの方が安心かも・・・?しれません

フッ素樹脂加工フライパンカバー 18・20・22・24cm スタンド付き DW-1920

フッ素樹脂加工フライパンカバー 18・20・22・24cm スタンド付き DW-1920
貝印

Amazonで探す 楽天で探す

ぜひまたお越し下さい!

もし、このブログを気に入っていただけたなら、また遊びにきていただけると嬉しいです。
最新の更新情報を確認していただくには、facebook、twitter、Feedlyなどのご利用が便利です。

  • follow us in feedly