モノは試しでdビデオを使ってみた。けど、なぜかとても使いにくかった…

Huluを使うようになってから、タブレットで映画や海外ドラマが見放題って良いなあ楽しいなあと思っています。
公開されている作品数も日々増え、毎月増える作品リストを見ては「おお!」と言っています。

でも、海外ドラマなどはまだまだ、シーズンがとびとびだったりすることもあり。
あともうちょっと見たいんだけどなあ…!と思うことも時々あるのです。
(ちょっと古いドラマがそういうことが多い)

そんな時に調べてみると出てくるのが、dビデオ。
Huluだと公開されていないシーズンがdビデオだと公開されていたりして。
悩むなあどうしようかなあと思っていたのです。

でも、dビデオは31日間お試し期間があるとのことだったので、残りのシーズンだけ見るつもりで、試しに使ってみることにしました。

dビデオはドコモの会員になれば申し込める会員サービス

dビデオは、お試し期間完了後は毎月500円で使えるサービスです。
(2015年の3月末までとはお試し期間が31日間になっている様子)

dビデオはドコモに契約していなくても使えるドコモのサービス
動画はdビデオ

ちなみにわたし、携帯会社はソフトバンクを契約しています。
でも、端末を持っていなくてもドコモ会員になればdビデオを使うことは可能です。
(その辺りは、サイトから順番に手続きをしていけばなんとなくわかるようになっています)

申し込み後は、専用のアプリなどをダウンロードしたら、自分が見たい映画やドラマを観られます。

個人的には、公開されている作品数が多いのが1番の特徴かと思います。
なので、わたし自身は良かったらこのまま使っても良いかもなあ、というつもりで申し込みました。

使ってみたら、もっさりでわかりにくく、なぜか止まることが多い印象で…

でも、実際に使い始めてみたところ、なんともかんとも…だったのです。

  • 自分が見たい作品を探すのが、なんだか大変
  • 間違えて戻ってしまったら、また1からやり直さなくちゃいけない
  • お気に入りリストみたいなものも種類が多くて?わかりにくい
  • 全体的に動きがモッサリしていて、タッチしても反応しない?ことが多い
  • ストリーミングとダウンロードがあるらしいけれど、ダウンロードはすぐに見られない
  • でもストリーミングは見るタイミングによっては、やたらと止まって戻ってこない
  • テレビで見たかったら、スマホ用ケーブルかChromecastというものが必要らしい
  • 無課金で見られるものとレンタル(要課金)があるらしい

あと細かいことですが、作品タイトルが長い場合、全部表示されないのもちょっと困りました。
(海外ドラマの場合「シーズン◯」まで出ないことが多くて見たいものを選ぶのがギャンブル)

わたしの使い方が悪いのか慣れていなかったからというのもある気はしますが…。
(見ている途中に止まったらアプリの再起動が必要だったりしたので、慣れないと大変かも)
Huluが最初からとても快適に使えていたので、ちょっとした衝撃でした。

でも、使い勝手を見て見ぬふりしたいくらい、タイトルが充実しているのは確か

そんな使いにくさを感じるdビデオでしたが、タイトルは本当に多いのです。
ミュージックビデオとか、BeeTVのオリジナル作品とか、アニメもけっこうあるみたい。
海外ドラマも一通り揃ってる印象でした。
レンタルも利用すれば、新作の映画もけっこうな数見ることができそうです。

Huluに戻ったら、少々見劣りをしたのは確か…。

なので、「それでもdビデオの方が良い!」という方は確かにいるだろうなあと思います。
(こういうサービスを使い慣れている方向けだと思ったら納得できる ←違うだろうけど…)

なので、それでもやっぱりタイトル数重視!と思われる方なら、選んでみると良いのかもしれません。

ちなみにわたしは結局、お試し期間中に解約→Huluに戻りました

わたし自身、タイトル数はかなり魅力ではあったのです。
しかも500円だし、継続しても良いかなあ?と一瞬思ったりもしました。

でも、

  • わたしより機械に弱い(そしてすぐ諦める)夫も使えるとは思えないし
  • 映画やドラマを見るために、使いにくさにストレスを感じるのが嫌だし
  • そもそも探しにくいのでだんだん利用しなくなりそうだな…とも思えるし

だったので、けっきょくお試し期間完了を待たずにdビデオは解約しました。
今はHuluに戻っていますが、多少見劣りはしてもやっぱりサクサク好きなものが観られる快適さはとても良いです。

また何か違うサービスも使ってみることもあるかもしれませんが…。
最初に使ったHuluが好印象だっただけに、こういう難しさがあるのかと新発見したできごとでした。

スポンサーリンク

ぜひまたお越し下さい!

もし、このブログを気に入っていただけたなら、また遊びにきていただけると嬉しいです。
最新の更新情報を確認していただくには、facebook、twitter、Feedlyなどのご利用が便利です。

  • follow us in feedly