EDIT用の下敷きを発見。今年から使ってみています

4月に使いはじめた3冊目のEDIT。

去年まではハンズとかロフトとか、近くのお店で購入していましたが、今回はお店で買わずにマークスのオンラインストアで購入しました。
(売り出し時期はよくメール便送料無料などで販売されているので、結果的にラクでした)

その時にいろいろ見ていたら、EDITに使える下敷きがあるということを発見。

マスキングテープやらシールやらベタベタ貼りながら使っているので書いた文字がガタガタになることもあって、もともと「下敷きがあったらなあ…」と思っていたのです。
なので、手帳と一緒に衝動買いしてみることにしました。

衝動買いしたEDITの下敷きは、シュッとシンプルで使いやすいものでした

これがEDIT用の下敷き。シンプルで使いやすそう

購入した下敷きというのがこちら。

ペラペラに見えますが、ちゃんと固い下敷き。
素材はただのプラスチックらしい。
挟んでいても邪魔にならないデザインで、使っていても違和感なく使えています。

地味にこれ良いなあ!と思っているのが、定規みたいなメモリ。

定規としてはある程度しか正しくないらしいですが、手帳に使うものなのでこれでじゅうぶん。
ずぼらゆえ、定規がなくて「あーあ…」となることが多いわたしにはとても良いです。

裏を使うと小さな文字もより書きやすく

裏面が方眼模様になっているのですが、うまい感じにそれが透けるようになっています。
EDIT自体にも点で罫線は入っていますが、小さい文字をきっちり書き込みたい時にはこれがあると便利かも。
書きやすさも向上しているので、きっちり書き込みたい派なら活躍する場面は多いと思います。

定規があるのとないのとでは、多少書き心地が変わるかも…

肝心の書き心地はというと、下敷きがあるのとないのとでは多少変わるかなと思います。

下になるページの影響を受けないのはもちろんですが、

  • 少々硬い書き心地になる
  • おかげでボールペンがそこまで沈んだりブレたりしない
  • なので、小さい字や細かい絵なんかは書きやすくなるのかも

という印象を受けました。

個人的に1番気に入っているのがこの出っ張り

個人的には手帳に挟んだ時にペロッと出るインデックスが出るのが気に入っています。
EDIT自体に紐もついていますが、パッと開きやすいというか見た目にちょっとデキル雰囲気がして気持ち良いです。

そんなわけでちょっとしたアイテムではあるのですが、あるならあるでやっぱり便利。
標準でつけてくれたら良いのに!と思うくらいのものだと思います。

わたしは東急ハンズで偶然見かけて購入しました

ぜひまたお越し下さい!

もし、このブログを気に入っていただけたなら、また遊びにきていただけると嬉しいです。
最新の更新情報を確認していただくには、facebook、twitter、Feedlyなどのご利用が便利です。

  • follow us in feedly