EDITを使いはじめて3ヶ月。難点というかデメリットというか…に今さら気づいた

この4月からマークスのEDITという手帳を使っています。
手帳を持つこと自体が数年ぶりでしたが、丸3ヶ月経ってもまだ続けられています^^;
(使いだしたときの話:今年はマークスのEDITを使うことにしました(2013年の手帳)
久しぶりの手帳だけど、使い方もがっちりと固まってきて、習慣になってきつつあるので、個人的にはとても良い感じー!と思っています。

そして、やっぱりEDITにして良かったなぁ…とも思っているのですが。
ただちょっとだけ、事前にクセと言うか「こういうところあるよね」とわかっておいたらより使いやすいかも?と思うところもあったので、そのあたりをまとめてみたいと思います。

EDITは1日1ページだからこそ、紙が薄くて裏にひびきやすいところがある。

というのも、EDITみたいな手帳って、紙がとても薄いんですよね…。
1日1ページもあるけれど、携帯できるサイズにしているので、考えてみたら当たり前のことだと思うのですが。

そして、紙が薄いので、翌日のページや翌々日のページまで、ひびくというか跡が残りやすいというか…。

わたしの筆圧だと、けっこうボコボコに…^^;

変なボールペンで書いたら、インクまでにじみそうな気がしてしまうほどです。

そのおかげでこんなにコンパクトに1年分を持ち歩けるので、しょうがないことなんですが、使いはじめるまではそんなことを意識してもみなかったので、最初は「おおお!こりゃ大変だ!」とちょっと思いました。

小さいものなので、たぶん想定されている文字のサイズも小さめで。
こまごまと書き込みたいなぁ、と思うと、一緒に使うボールペンを変なものにすると、使い心地も変わってきそうです。

でも、一緒に使うペンを書きやすいボールペンに変えてみたら、けっこう解決。あとは慣れかも。

ただ、たぶんどちらの手帳でも書きやすさにはとてもこだわられているような気がします。
ペンが引っかかってインクが出なくなったり、簡単にやぶれてしまったりすることはほぼありません。

「紙が薄い」けど「書き込みにくい」わけではないんです。

そんなわけでわたしは、「サラサラした書き心地」の書きやすいと評判のボールペンに変えてみたところ、次のページへの跡の残り方がかなり緩和されてきました。

三菱鉛筆 ジェットストリーム4&1 グリーン 0.7 MSXE510007.6

※使っているボールペンはこれ。

ジェットストリーム4&1 グリーン 0.7 MSXE510007.6
三菱鉛筆

Amazonで探す 楽天で探す

近所のロフトで買いましたが、Amazonの方が安かった…。

さらさらーっとすべるように使えるボールペンなので、筆圧が下がってきて、「すごいボコボコ…」になることは減りました。
価格がちょっと高いんですが…。替芯もあるし、書き心地は確かに気持ち良いー!と思うので、満足しています。

もしかしたら、手帳用の下敷きとかもあったら良いのかもしれませんが、そこまでいくとわたしが面倒くさくなるので、あまり気にしないことにしています。

1日1ページの手帳を選ぶなら、しょうがないことなのかなぁ、と思う。

わたしは、いろいろなノートを使ってみるのも好きで、今も仕事用にツバメノートを使っています。(ツバメノートを楽天で検索
こちらは厚みもあるので裏写りもしないし、ペンもすらすらすべってとても書きやすいノートです。
EDITを使うまでは、こっちに日々のことを書いていこうかと思ったりしたこともありました。

でもやっぱり、日々のことを書くのには、ちゃんと日付がついていて、1日1ページで、ペラペラのEDITにして良かったです。

3ヶ月使うと、手帳がちょっと膨らんできた

というのも、紙が薄いからこそ、こう、使ったところに徐々にボコボコ感と厚みができてきていまして。
「おおお、ちゃんとできてるな!」みたいな満足感も得られるのです。
たまにパラパラ振り返って「ほう」と思ったり、「これで1年使い切ったらボワッと厚みがある手帳になるんだろうなぁ」という楽しみもあったり、ペラペラならではの楽しさがあると思っています。

あと、使ってみるまで忘れていましたが、数年前に使ったほぼ日手帳でも同じようなことを感じたことがあったのです。
こっちは、印刷されているものも裏から透けて見えていたような気が…。

もしかしたら、
ペラペラだけどサラサラの書きやすい紙を使ってるのが1日1ページの手帳というもの
なのかもしれないなぁ、と思います。今のところ。

スポンサーリンク

ぜひまたお越し下さい!

もし、このブログを気に入っていただけたなら、また遊びにきていただけると嬉しいです。
最新の更新情報を確認していただくには、facebook、twitter、Feedlyなどのご利用が便利です。

  • follow us in feedly