2歳でもできるお手伝い:お料理編

近頃、わたしが台所に立っていると、むすめが「いっしょにつくるー」と言って台所に立ってくれることが増えてきました。
食べることが好きなむすめなので、「ごはんを作る」ことがとても魅力的になようで…。

せっかく興味を持ってくれているのなら、お手伝いしてもらえることはしてもらっちゃおう!(文句も何も言わないうちに。笑)と、危なくない台所でできるお手伝いをいろいろ考えてみました。
中でも、むすめが特に気に入ってくれたお手伝いをまとめてみたいと思います。

大事なのは「危険じゃないこと」。ちゃんと親が見ていたら2歳でもできることは多いかも。

お手伝いに欠かせないのがステッパー。こんなに役立つとは…

2歳だとやっぱりまだ、刃物や火、いろいろ危ないことは多いので、絶対に気をつけないといけないと思います。
ちょっとくらいなら大丈夫か、という油断が、やっぱりけがに繋がると思うので、気をつけすぎるくらい気をつけた方が良いと思います。

その上で、うちでやってみて、むすめがとても楽しんでいたお手伝いはこんなものでした。

野菜をちぎる!こんにゃくをちぎる。海苔をちぎる。

やっぱり「ちぎる」のは楽しいみたいです。
レタスやキャベツなどの葉もの野菜、そして海苔は、渡すだけでバリバリちぎってくれました。
きゅうりやこんにゃくなどは、事前にちぎったらちぎれるように切り目を入れておくと、ブリブリちぎれるようになります。
絹さやの筋取りも、何がおもしろかったのか、大爆笑しながらやっていました。

調味料を混ぜる。たまごを混ぜる。ネバネバを混ぜる。

渡すと夢中でやってくれたのが「混ぜ」。
調味料の入れ過ぎを防ぐために、火にかける前に計量カップに入れる調味料を全部計量して置いておくわたし。
それを見ると「まぜまぜする!」と自らぶんどるようになりました。笑。
菜箸とかだとやっぱり難しいので、混ぜ専用に小さいスプーンなどを用意しておくと便利です。

もむ。振る。まぶす。つぶす。

これもやり出すとうちのむすめが騒ぎだしてくれることのひとつです。
お肉をつけ置く、野菜を塩揉みする、袋に何かを入れてもんだり振ったりまぶしたりつぶしたりするのも、大喜びしてもらえました。
ただ、口をちゃんとしめておくように気をつけないと、中の野菜や肉が大惨事になることも…。要注意です。

野菜のゴミ捨て

野菜の皮やヘタ、食べられないところをゴミ袋に入れるのも、かなり楽しんでやっていました。
特にヘタを捨てるのは、何か変な形になっていたり重みがあったりするので、捨てるだけでも何かおもしろいみたいです。

おあじみ♪

最近、うちのむすめは肉大好き!ケチャップ大好き!揚げ物美味しい!みたいな子どもになっていて、野菜のおかずは進んで食べなくなってきているのがひそかな悩みでした。
でも、とりあえずできたてのものを味見してもらっておくと、「おいしい!」と感激して、ごはんの時も野菜だらけのおかずでもちゃんと食べてくれるので、これも大事なお手伝いになっています。

その他にも、ごぼうを洗う、みかんの皮むき、ピーマンの種取りなんかも、楽しそうにできることのひとつです。

他にもこまごま、いろんなやり方はありそうです。
またいろいろ様子を見ながら試してみようと思っています。

子どもにお手伝いしてもらう時に、絶対気をつけないといけないこと

とは言え、先にも書きましたが、台所でお手伝いをしてもらうのは危険がいっぱいです…!
親がちょっと目を離したすきに…、をちゃんと防いであげないといけません。
(うちのむすめも、ほんの少しの不注意でおろし金でちょっとひどいケガをしたりしています…)

わたしが最低限、注意しているのはこんなことです。

  • 包丁、皮むき器は手の届くところに置かない(危ないことをちゃんと伝える)
  • ガスコンロは危ないよー!火は熱いよ!と伝えて、近づけないようにしておく
  • ちゃんと見えるようにしておく(いろいろ使えるステップがここでも役立つ!)

あんまりダメダメ言い過ぎてもつまらないので、あんまり制限しすぎるのもいけないと思いますが…。
怪我をして、台所がコワイ場所になるのもかわいそうなので、気をつけておかないと!と思っています。

とは言え、お手伝いしてくれるのはとても嬉しいです。子どもの成長を感じたりもして…。
近いうちにクッキーの型抜きとかもやってみたいなぁ、なんて母の夢は膨らんでいるのでした。

スポンサーリンク

ぜひまたお越し下さい!

もし、このブログを気に入っていただけたなら、また遊びにきていただけると嬉しいです。
最新の更新情報を確認していただくには、facebook、twitter、Feedlyなどのご利用が便利です。

  • follow us in feedly