フロッシュと同じだけどそこそこ安くてシンプルな泡立てボトルを発見した

うちは手洗いも洗顔もなんだかんだと泡立てボトルを使っていることが多いです。
泡立てが難しい子どももいるし、面倒くさがりの夫もいるので、こっちの方が何かと便利だと感じます。

ただ、泡立てボトルって見つけるのがなかなか難しいところがあるのです。

洗剤によって、泡が固くなったりシャバシャバになったりしてしまうので、責任を持って泡立てボトルを出せないのか?と想像しているのですが、とにかく種類が少ない!

少し前に比べると、かなり選べるようになった印象ではありますが、デザインと使い心地ともに「良いな!」と思えるのはまだまだ少ないかなあと感じます。

これは良いんじゃない?と感じられた泡立てボトル。シンプルだけど可愛い

そんな中でひょんなことから見つけたのがこの泡立てボトル。

コロンとした形が特徴の泡立てボトル

最初「あれ?どっかで見たことが?」と思ったら、これは元祖フロッシュの泡立てボトルだったものらしいのです。
カエルのマークがついていたものが、お家マークになって、使い心地はそのまま?みたいです。
(そういえばフロッシュの泡立てボトルって最近見かけなくなったな…) 国産で、そこそこお手頃価格かな?という印象。

個人的に気に入ったのが、この形とシールだったのですが…^^;

このシールがなにげに可愛い…

  • 邪魔にならない程度に用途に合わせたシールを貼れる
  • 後ろにメモリがついているので、希釈する時も便利
  • 腐ったり劣化したりする前に使い切れそうな小さめのボトル

などなど、細かく使いやすく作られているボトルだなあ、と感じました。

泡はブショッと粗めに出てくる。固めがお好みなら無印の方が良いかも?

出てくる泡はブショッと柔らかく粗めです。(上手く写真が撮れなかった…)

うちでは主にハンドソープ入れに使われていて家族全員使うのですが、子どもでも使いやすいのが良いなあと感じています。
(4歳のむすめですが、他の泡立てボトルだと固くて出せないことがほとんどなので)

ただ、その分洗剤を使う量は多めな印象でもあります。
そのため、固めの泡が好き!きっちり洗剤を節約したい!という方には向かないかもしれません。

ちなみに…。
そんな方には無印良品のPET詰替ボトル・泡タイプ・400ml用なんかが個人的にはおすすめです。
こちらは子どもが自分で出すのは難しいものの、しっかりした泡が出てくる印象です。
お値段もこちらの方が安い。

とは言え、水で薄めるのは個人的には避けたい。洗って乾かすのも大切!

泡立てボトルと言えば、洗剤は薄めて使う!ということも多いらしいですね。
わたしも一時、食器用洗剤を薄めるなどあれこれ試してみていたことがありました。

でも、洗剤を水で薄めるとどうしても、腐りやすくなってしまう面があります。
(そもそも水が腐ってしまうものだから。薄めた分、防腐効果も薄れるらしいです)

キレイだと思っていても実は腐ったりカビたりしかかっているかも?
肌が弱い一家でもあるのにわたし自身がズボラなので、1度やらかしてしまってからは薄めず原液のままで使うようになりました。
(もともと泡立て仕様になっている洗剤を詰め替えて使ってる感じです)

※それと同じ理由で、使い切ったら毎回きちんと洗って乾かすことも大切らしいです。
どうしても雑菌が繁殖してしまうらしいので…。洗うことはもちろんのこと、「きっちり乾かす」のも忘れちゃいけないらしいです。

手軽に買えるので、定期的に買い替えつつ使っていくと良いものなのかも?

やっとちょうど良いボトル見つけた!
と思っていますが、泡立てボトル1つ取っても、面倒なことも多いなあ、と思います。

うちは基本的に液体石鹸を使っていますが、そういう「石鹸」はどうしても固まるらしく…。
使っているうちに詰まってきて、だんだん泡の出が悪くなってくるようです。
そのたびに、綿棒とかでほじくれば良いのですが、これが面倒と言えば面倒。

でも、おかげできちんと泡立てられてきれいに手が洗えているーと思うとまあ良いかな、と。

定期的に買い替えながら使っていくつもりで続けると良いのかな?と思っています。
できたら今度は手をかざすと自動で泡がブシュッと出てくるというヤツを使いたいと思っています。あれは石鹸では使えないのかな…。

これの霧吹きスプレーもあるんですが、これは正直微妙な使い心地でした…。使うなら泡ボトルだと思う

Lotta Home フォームボトル TMLH0101

Lotta Home フォームボトル TMLH0101
イーオクト イーオクト

Amazonで探す 楽天で探す

ぜひまたお越し下さい!

もし、このブログを気に入っていただけたなら、また遊びにきていただけると嬉しいです。
最新の更新情報を確認していただくには、facebook、twitter、Feedlyなどのご利用が便利です。

  • follow us in feedly