フエルフォトブックを作ってみた。きれいな印刷のアルバムが作れるサービスです

あれこれ試してみているフォトブック。
ナカバヤシのフエルフォトブックというものも試していました。

わたしが利用した後サービスがリニューアルされしまったのですが…。
(※見た感じ印刷の印象や作り方などは変わっていないようです)

リニューアル前ではありましたが、

  • 印刷はとてもキレイだし
  • 紙の質も他のフォトブックではなかなか見ないものだし
  • フォトブック自体の作りもきっちりしていて頼もしい

という、さすがアルバムのナカバヤシだなあ、という印象のフォトブックができました。

わたし自身はデザインや仕上がりがちょっと好みと合わず、継続は難しいと思いましたが、「アルバムっぽい仕上がりのフォトブックが良い!」という好みの方なら、末長く使っていきたいサービスになると思います。

フエルフォトブック (ナカバヤシ株式会社)

わたしが作ったのは、ソフトカバーという種類のもの

わたしが作ったフォトブックは、ソフトカバーという種類のものでした。
(ソフトカバーはサイズが基本的に大きめなのが残念でした)

ナカバヤシのフォトブック。種類はソフトカバー。

表紙は特にちゃんとした厚紙というわけではなく、あまり「表紙感」がありません。
でも、透明なカバーがかけてあってツヤっとしていて、ちょっと高級なパンフレットみたいな印象。

謎の透明カバーがかけてある。汚れから守れて安心ではある

このフォトアルバムは、とにかくキレイに印刷されているなあ!ということと、紙のツヤッツヤ感がとてもちゃんとしているように感じられます。
(神の表面に光沢ニス加工というものをしているそうです)

  • 紙がツヤッツヤ。高級感がある
  • 白っちゃけた写真も暗めの写真もきれいに印刷できてる!

フォントやレイアウトもけっこう自由度が高くて、使い方によって印象もガラッと変えられそう。
(フォントは「マルベリ」や「丸アポロ」がかわいかったです)

子どもの日常ばかりの写真にはいまいち似合っていなかったのですが…。
紙の光沢もキレイさも豚に真珠に見えました ^^;

  • 結婚式や七五三などのけっこうちゃんとした写真
  • 花や風景などキレイさを最重視したい写真
  • 旅行記用などできるだけはっきりさせたい写真

そんな写真を載せるなら、ナカバヤシのフォトブックを使いたいなあ、と思いました。

フエルフォトブックは最近リニューアルされて「増やせるアルバム」が作れるようになった

このフエルフォトブック、少し前についに「本当に増やせるフォトブック」にリニューアルされました。
わたしが作ったソフトカバーのフォトブックの他に、作れるフォトブックが増えたのです。

ナカバヤシの新しいフォトブックはまさにアルバム
  • フォトバインダー:バインダー式にフォトシートを差し替えたり増やしたりできるもの
  • ビス式:昔ながらのアルバムっぽい布製表紙にビスでフォトシートを増やしていけるもの

まさにアルバム!というもの。
バインダー式は使い捨てカメラの写真を淡々とファイリングしていたことを思い出すし、ビス式はまさに「小さい頃こんなアルバム作ってもらったことある!」という形のフォトブックです。

ビス式はコメントを書き込んだりコラージュできたりするし、バインダー式はアプリでさくさくっと作ることができます。
作り方もまさに、アルバムと同じなようです。

アルバムの進化系、なフォトブックなのだと思います。

やっぱりまあまあお高いので…。
「これだ!」と決めることができれば末長く使い続けたい

ただネックなのは、そんな本格的なものなのでやっぱりお値段もかなりする、ということでしょう。
きちんと丁寧に作っていこうと思ったら、枚数にもよりますが、数千円では足りないはず…。
やっぱりそうだよなあ、とは思うものの、わたしは「うーん…」となってしまいました。

印刷の品質はソフトカバーでも「すごくキレイだな!」とつい言ってしまうほどのものだったので、かなり信頼できるのですが。
そこまでちゃんとアルバムっぽいものを作る根性に自信がまったくなかったので、わたしは使えない…と思っています。

でも、こんなアルバム、できたら作りたい!と感じられる方は絶対いるだろうなあ。
そんな方にとっては、まさに!というサービスになるんだろうなあ。

あとから増やしたり差し替えたりできる分、1度に作りきる必要もないのも大きなメリットなので。
自分でしっかりプランを立てて、継続してちょっとずつ作っていくことさえできればなんとかなる。
そうすれば、きっとすごく良いアルバムができるサービスだと思いました。

ナカバヤシ【フエルフォトブック】

ぜひまたお越し下さい!

もし、このブログを気に入っていただけたなら、また遊びにきていただけると嬉しいです。
最新の更新情報を確認していただくには、facebook、twitter、Feedlyなどのご利用が便利です。

  • follow us in feedly