やる気を持続させるために、『続ける技術』を読んでみた

わたしはやる気が出ないわけではなくて続けられないのが弱点!
ということについ先日気がつきました。

それから、やる気を持続させるってどうしたら良いものか、と時々考えていました。
でも、あれこれ考えてみてもいまいちピンと来ず。
何かそういう解説をしてくれる本でもないものかなあ、と探してみたらちょうど良い本を見つけて。
当たり前だけど確かに大切なのかも…と考えたりいろいろ見直してみる良いきっかけになりました。

続けるために読んだ、『脱・三日ぼうず!続かない女のための続ける技術』

そんんわけで読んだ本はこちらでした。

続けるために読んだ本。『脱・三日ぼうず!続かない女のための続ける技術』
脱・三日ぼうず!続かない女のための続ける技術

そのまんまなタイトル。^^;
ですが、そのまんまなタイトルと中身が逆にすんなり理解できる本だなあ、と感じました。

  • 石田 淳さんという方の「続ける」技術という本がベースになっている
  • でも、全部マンガ。たぶん30分もあれば全部読むことができる
  • マンガを描いている方の実体験がベースになっているので、共感できることも多い
  • とにかく「続ける」ことのコツがまとめられている本

この本の1番良いところは、マンガだから飽きる前に読み切れることだと思います。
こういう解説をしてくれる本はいろいろありますが、なにせ活字なので途中で飽きる可能性も大きい。
そんな、最初からくじけてしまいそうなポイントがクリアできそうになっているのはけっこう良いところだと思います。

自分が飽き性だとか続かないとかずぼらで、何か変えてみるきっかけが欲しいときには、ここから入ってみると良さそうだと思いました。

たぶん、本の方が詳しいんだろうけれど…。手っ取り早くきっかけをつかむのに良かった

この本はただ単に続けるための技術が解説されているマンガというわけではありません。
家計簿とか日記とか、挫折しがちなことを手法に当てはめて続けていく様子をマンガにされている感じです。

やり方自体はシンプルなので、適当に読み飛ばして興味のあるところだけ読んでもけっこうわかる。
なので、具体的にこれを続けることだけを考えたい!というときでも良さそうです。

具体例いろいろなので、引っかかったところから始められそう

  • しっかりリアルに描かれているので思い当たるフシがありすぎるところはある
  • なので、読んでいて落ち込んだり胸が痛くなったりすることはあるかも…
  • でも、素直に読んだらなるほど!と思えることは確かに多い
  • 実践してみることも、けっこう具体的だし簡単なことばかりだし
  • 続けることを軸に、お金の使い方とか時間の使い方とかまで考えられるし
  • 手帳を使えば良いわーとか、あれ使ったら良いわーとか、応用して組み込みやすいし
  • 「続けるための考え方」もなんとなくわかってくる気がするし

そんなこんなで、けっこうすぐに自分の生活に取り入れることができたと感じています。

本を読んだだけだけど、続かない怠け者改善にちょっと前進した気がしています

とりあえず今は本を読みながら自分のダメポイントを見直し中で。
できるだけやらなきゃいけないことに集中できる環境をつくることを実践しているつもりです。

まだまだ自分に負けていることも多いし、本を1冊読んだだけですが…。
以前よりはきっちりやらなきゃいけないことをさっさとできるようになってきたのかなあと思うことが多いです。
(でもうまくやらないと部屋が散らかるとも感じているので、もうちょっと改善しないといけない)

まあこれが続けられるかどうかが問題ですが。
この本みたいにマラソンまでできる気はしていませんが、マイペースにぼちぼち続けられるよう頑張ってみようと思っています。

詳しく知るなら本の方が良いのかもしれないですが…。わたしみたいなずぼらにはマンガがちょうど良かったです

脱・三日ぼうず!続かない女のための続ける技術

脱・三日ぼうず!続かない女のための続ける技術

剣持 まよ
サンクチュアリパプリッシング 2009-11-13

Amazon見る 楽天で探す

ぜひまたお越し下さい!

もし、このブログを気に入っていただけたなら、また遊びにきていただけると嬉しいです。
最新の更新情報を確認していただくには、facebook、twitter、Feedlyなどのご利用が便利です。

  • follow us in feedly