花ふきんも使ってみた。なるほどこれはふきんと言うより…

今回、ふきんを買い替えるにあたって、白雪ふきんと同じく近頃少し気になっていた、花ふきんというものも一緒に使ってみることにしました。

花ふきんというのは、2008年のグッドデザイン賞を受賞したふきんとのこと。
とても鮮やかで素敵な単色で染められているのが見た目の特徴だと思います。
白雪ふきんとはまた真反対な、シンプルでサバッとした印象のふきんだと思っていました。

実際に使ってみてもやっぱり、白雪ふきんと花ふきんは真反対で。
花ふきんには花ふきんの良さがあって、しっかり共存できるふきんだと感じました。

花ふきんを実際に使ってみて1番驚いたのは、その大きさとその薄さ。

花ふきんというふきんは、「蚊帳生地」という生地だけで作られたふきんです。
それがどういうものなのか、もちろんわたしはまったく知らなかったわけですが・・・^^;

実際に見てみて、それがどういうものなのか一目でわかりました。

花ふきんはとにかくでかくてとても薄い

本当にびっくりするほど大きくて、薄いんです。
2枚の蚊帳生地を重ねて作られたふきんなのだそうですが、それでも向こうが透けて見える。 でも、色はとても鮮やかできれい。シンプルなのになんだか華やかとでも言うか。

少しじっくり見てみて、 テーブルなどを拭く台ふきんというよりも食器を拭くための食器用ふきんとして使いたいわー、 と思うような大きさと薄さのふきんでした。

実際、花ふきん食器用ふきんとして使いだしたらやっぱり、ばっちりな使い方だと思えた

花ふきんは大きいので、しっかり何度も折り畳んで台ふきんとしても使うことができると思います。
でも、何度も折り畳んで使うのにはちょっと面倒さもあり、何よりせっかくのこの薄さなので、そのまま折り畳まずに食器拭き用のふきんとして使ってみよう!と実際使ってみたところ。

  • とても薄いのに、白雪ふきんを超えそうなほどしっかりした吸水力が
  • でも、薄いので乾くのはとても早い!
  • 最初ちょっと頼りないかと思ったけど、使うほどやわらかく使い込んでいけそうな触り心地に
  • 本当にとても大きいので、食器などの目隠し布として使うのにも良さそう
  • 紹介を見ると、キッチンタオルの代わりとしても使っていけそうだった(そのうちやってみたい…)

蚊帳生地というものはとてもしなやかで強い布なんだなーということが感じられた気がします。
もちろん、食器用ふきんとしての活躍っぷりも文句なしです。

塩素系漂白剤は使えない。汚れ落ちはそこまで良いわけではないので、定期的なお手入れが必要かも…

わたしがこれを食器用のふきんにして良かったな、と思った理由は実はもうひとつあります。

それは、汚れ落ちがとても良いわけではないことです。

目の粗い糸が汚れをしっかり絡めとってくれるからなのか、汚れをしっかり落とすのは少し難しい気がしました。
でも、染めの関係で塩素系漂白剤を使うことはできない。
ということは、酸素系漂白剤やせっけんを使って、定期的に煮洗いしたりする必要があるかもなぁ。
それが続けられる自信がないので、あまり汚さない方向で使い込んでいった方が良いかもしれない…。

そんな風に考えたところもあったのです。

最初のパリっとしたところからどこまで育てられるか…

この花ふきん、「丁寧に使い込んで育てていく」要素がたぶん、白雪ふきんよりも多い気がします。
たぶん、しっかり使いこなせる素敵な奥さまならこの花ふきんも大満足してくれるところまで使い込めそうなのですが、わたしみたいなずぼらにはちょっと自信が持てず…。

でもしっかりやっぱり素敵だし気持ち良いしできるだけ使いこなしたい!
というわけで、濡れはするけどあまり汚れない、食器用のふきんとして活躍してもらうことになった面もありました。

でもこのパッケージは本当に可愛い。包みを開ける楽しみもあった

この花ふきんは、最近ふろく本まで出てきた中川政七商店というお店が作っているものです。
このお店、シンプルだけどちょっとおお!と思ってしまうものが多いと感じているのですが、この花ふきんもまさに。
パッケージがとても素敵なのです。

わたしは自宅用だったにも関わらず、パッケージ2種類、あえて別々に頼んでしまいました。

パッケージは全3種類。とりあえずかわいい

どちらの方が素敵!というのもなかったので、お好みに合わせて、パッケージから選んでみるのも楽しいかもしれません。

お値段は大判なだけあって少々お高めですが…。
丁寧な暮らしやシンプルさを大切にされている方ならきっと、この価格でもしっかり元が取れてしまいそう…と思いました。
(そもそもこの発想が貧困、みたいなのもありますが^^;)

レビューを読んでいると、贈り物を包むの風呂敷がわりに使ったりしているというのも見かけました。
(既にこんなのもありました:【紀州南高梅】 うす塩味梅干 (塩分8%) 木箱 500g 花ふきん包み 石神邑×中川政七商店
主婦力高いわー…と少々圧倒されつつ、なるほどそんな使い方もあるのか、とシンプルゆえに幅広く使えるこのふきんになるほどなー、と感心しながら今日もまた、使わせてもらっています。

今まで食器拭きってまともに使ったことなかったけど、実際使ってみると便利なことも多い

中川政七商店中川政七商店 花ふきん
購入したお店:中川政七商店

Amazonで探す  楽天で検索

ぜひまたお越し下さい!

もし、このブログを気に入っていただけたなら、また遊びにきていただけると嬉しいです。
最新の更新情報を確認していただくには、facebook、twitter、Feedlyなどのご利用が便利です。

  • follow us in feedly