わたしが思う、EDITとほぼ日手帳の違い(勝手に比較)

もう10月ですね。
来年の手帳が並びだして、そろそろ考えるかー、と思う時期になってしまいました。

わたしは、子どもの生活も一緒に記録しておきやすいので4月始まりの手帳を使っています。
なので、まだまだ残りもあるしちゃんと続いてもいるので、手帳を買い換える予定もないのですが。

店頭に並ぶ手帳を横目で見つつ、ほぼ日手帳とEDITについて見比べたり考えたりしたことがあったので、ほぼ日手帳とEDITがどう違うと感じるのか、個人的に考えたことを少し、まとめてみました。

ほぼ日手帳とeditを勝手に比較してみた

ほぼ日とEDIT、使い心地や見た目の違いいろいろ

わたしが2013年の時点で、個人的に感じた違いはこんなところです。

※ちなみにわたしはEDIT愛用で、ほぼ日挫折経験ありです。ほぼ日愛用の方と感じ方は違うはず。





























 

手帳の種類ほぼ日手帳マークス EDIT
コンセプトなんでもない日、おめでとう。
「自分たちが使いたい手帳をつくろう」な手帳なんだとか。
最初はアンケートを元に考えられていたそうです。
人生を編集する手帳で、毎日をクリエイティブに
自分にふさわしいものを、自分らしく使いこなすための手帳、らしいです。
サイズ文庫本サイズかA5か
文庫本はちょこっと、A5はがっつり書くのに良さそう。
でも持ち運ぶと重そうだなー、という印象。
B6変形かB7
よくある手帳のサイズ。普通。馴染みのある大きさ。
B7はスマホと携帯するイメージみたい。
カバーいろいろ入れられる。主にナイロン。(選択肢は多い)
機能がいろいろ盛り込まれていて、手帳に対してデカい。
「これは!」と思うカバーもあるけど人気だし高い…^^;
しっとりしたシンプルなカバーが主。
カバーというよりも表紙のようなものが定番。
機能付きカバーもある。
値段本体が2,000円~。カバーは別売り1,500円~。
本体だけならそこそこ。カバーの値段の幅がすごい。
カバー込みで2,625~3,360円
ほぼ日より少し安い。デザインによって値段が変わる。
ペラペラで薄い!
これだけはEDITとほぼ同じ(体感で)。書きやすい。
ただ、罫線や装飾が派手な分、次のページに響きやすい。
ペラペラで薄い!
ほぼ日と同じくらい(体感で)。書きやすい。
装飾も薄いので、次のページへの影響は筆圧くらい。
罫線方眼(はっきり濃いめ)
表や図形も、マスを使えばキレイに書きやすい。
ただ、個人的には枠をはみ出す大きな字が書きにくい…。
点線(遠目に見たらわからない程度)
表や図形は書けなくはないけど書きやすくはない。
でも、文章を中心に書くなら整いやすそう。
ページの装飾盛りだくさん
日付もはっきり。月の満ち欠けや祝日もちゃんと書いてある。
ページ下には、「日々の言葉」もあるし、なんだかしっかり書き込みたくなる印象。
最低限
日付と曜日がさらっと。祝日もめちゃくちゃ小さい。
ページ下も小さく誕生日の有名人が載っているだけ。なんでも書けそう。
時間軸24時間対応(ちょっと狭め)
一応24時間対応。けれど、少し高さが詰まっているかも…?
特に文庫サイズだと少し、使いこなすのが少々難しそう。
24時間対応
一応、24時間対応。多少ゆとりもあり。
その分余白はないけど、個人的にはすごく使いやすい。

そんなわけでやっぱり、

  • コンセプト(ほぼ日はスペシャル感を演出してくれる手帳、EDITは自分らしく過ごすための手帳なのかも)
  • 大きさ(B6変形サイズか文庫サイズか…)
  • ザ・手帳のフォーマットか、ただのノートっぽいフォーマットか
  • 種類の豊富さ(サイズやカバーはほぼ日が多い印象)

というのが大きな違いなのかな、と感じています。

個人的には、ほぼ日の空白が目立つところに挫折し、EDITのノートっぽさが気に入っています

わたしは、過去2回ほどほぼ日手帳に挫折。
今年EDIT初体験で、まったく挫折することなく今日まで続けられています。

その理由はたぶん、

  • ほぼ日手帳は、ザ・「手帳」。記入できなかった時の空白が目立つ。
  • EDITはただのノートっぽい。記入できなくてもなぜかあまり気にならない。

という印象の違いが大きいのではないかと思っています。

あと、ほぼ日手帳はデザインがどうしても「お気に入り」ほど好きになれなかったのも大きいのかも…。
でもほぼ日は「ほぼ日手帳使うこと自体が魅力!」と思える人には、とても高い満足度のままで使い続けられる気もします。
この辺りはもう、完全に好みの問題だなー、と思いますが…。
でも、これが1年続けられるかの1番の違いになってきそうな気がします。

手帳をどっちにするか迷っているなら、自分の性格で選んでみても良いのかも

わたしの勝手な基準ではありますが、ほぼ日かEDITかで悩んでいるなら
自分のマメさに自信があればほぼ日を、ずぼらで心配な方はEDITを使ってみると良いかもしれません。
あとは、自分のデザイン的なお気に入り度とか。

どちらも使い方次第でどんどん使いやすくなる手帳だと思うので、どちらの方が良い!とも言えないものだと思います。

でも、愛用者が多い分、ほぼ日の方が少々「きっちり使わなきゃー」というプレッシャーがあるようなないような…。
EDITは逆にメモ帳っぽいので、何かと気楽だと思います。自由度が高いとでもいうか。
なので、マメに使いこなせそうならほぼ日、自信ないわーと思うならEDITを選びたいです。

ちなみに、2014年は、ほぼ日がカバーがまたぐんと増えてるし、EDITは紙がまた透けにくく書きやすいものに変わるらしいです。
個人的には、EDITの新しい紙をはやく使ってみたいわー!と思っています。

スポンサーリンク

ぜひまたお越し下さい!

もし、このブログを気に入っていただけたなら、また遊びにきていただけると嬉しいです。
最新の更新情報を確認していただくには、facebook、twitter、Feedlyなどのご利用が便利です。

  • follow us in feedly