洗濯洗剤にコロンとかわいいジェルボールを導入してみたけれど…。結局戻すことにしました

この頃突如あらわれて、興味をグンと奪われたもののひとつにジェルボールがありました。
アリエールなどから出ている、ボール型の洗濯洗剤です。

プリンとしたボールの中に液体洗剤が入っているみたいで、1回の洗濯で1つ使うだけ。
計量が不要で、洗濯ものを放り込む前にポンと入れておけば良いだけ。

何より見た目が好きで、これは使いたい…!
とけっこう早々に使いはじめた気がします。

それから3〜4ヶ月くらいは使ってみたのですが…。
いろいろと思うところがあって、もとの液体洗剤に戻すことにしました。

確かにジェルボールは便利。見た目も好きだし、匂いも個人的にはとても好きでした

見た目に惹かれたジェルボール。匂いも個人的には好きでした

最初こそ本体のケース入りの洗剤を買ったものの、途中からはビン詰めにされて使われていたうちのジェルボール。

洗剤のボトルってお世辞にもすてきとは言えないので、ビン詰めできるだけでもメリットだなあと思っていました。
(ちなみに、密封ビンは1,000ml入るものでちょうど1袋分入る印象でした)

  • 計量不要はやっぱりラク。夫にも洗濯をお願いできる!
  • 見た目も良い。洗剤のボトルやパックを置いておかなくて良いのは嬉しい
  • 汚れ落ちもそこそこ…?まあまあ悪くないような…
  • 1袋がうちではちょうど1ヶ月分だったので、計算がしやすい
  • 海外製の濃いぃ洗剤のような香り。個人的にはけっこう好き
  • 洗剤がついてベタベタしてくるとかこぼれるとかの心配がないのが良い

こういうこともメリットに感じられて、最初のうちはこの洗剤はなかなか良いかも…!と思っていました。

3ヶ月くらい経過してから、徐々にムラや計量できないことが気になってきた

でも、そのまましばらく使っていくうちに、だんだん気になることも増えてきたのです。

  • 確かに汚れの落ち方は悪くない気はするけれど、どうもムラがあるような気がする
  • 液体の洗剤だったら落ちていたはずの汚れまでは落ちきっていないこともあるかも…
  • 特に汗とか油っぽい汚れには満足度が低い…かも?
  • 計量しなくて良いのは楽だけど、計量したくてもできないのは辛い…
  • つけ置き洗いとかする時に洗剤が使えないのはやっぱり不便だ…
  • 洗剤の香りが強く残るということは、思ったより洗剤が残っているということ?

香りや見た目、洗い上がりにもそこまで不満はなかったのは確かです。

この見た目はとてもかわいらしいんだけどなあ…

でも、たとえば洗濯ものが多くなってしまった時やしっかり洗いたい時に打てる手が少ない。
洗濯物が少ない時は少なく、多くなった時は多めにしたくてもできない。
つけ置きしたくても、できる洗剤がない。
そういうところの不便さが気になるようになってきたのです。

また、洗濯物に洗い上がりムラを感じたり、洗剤の香りを強く感じたりすることで、
そもそも、このジェルはどのタイミングで溶けているんだろう…?
というのが気になりはじめたのもきっかけでした。

それで結局、ジェルボールを諦めて、液体洗剤に戻ることにしたのです。

我が家は洗浄力に不安のあるドラム式なので、買い替えることがあったらまた検討したい

そもそもうちは洗濯機が洗浄力が不安なドラム式の洗濯機です。
そのせいでどうしてもムラとか妙な癖が出てくるのかもしれない…と思います。
わたし自身も洗うならしっかりが良い!と思う方なので…。

相性が悪いとか好みによる問題なんだろうなあ…と思うところもあります。

それに、まだ出たばかりできっとこれからも改良など繰り返されていくのかなあと思います。
液体の洗剤もなんだかんだと改良されてきたので、きっと同じように進化していくんんだろうなと。

なので、とりあえず今は安定の液体洗剤を使っておいて。
洗濯機を買い替える頃にまた、あらためて検討してみようかなあと思っています。

スポンサーリンク

ぜひまたお越し下さい!

もし、このブログを気に入っていただけたなら、また遊びにきていただけると嬉しいです。
最新の更新情報を確認していただくには、facebook、twitter、Feedlyなどのご利用が便利です。

  • follow us in feedly