JINS PC、買ってみたんだけれど…。そもそもパソコン用メガネってどうなんだろう?

これまたずいぶん前でしたが、JINSPCというメガネを購入していました。
パソコンに向かいっぱなしの仕事をしているので、ちょっと気を抜くと肩こりとか頭痛とかになることも多くて。
ブルーライトとかで目がガンガン疲れていたら良くないのかもしれないな、と思ったんです。

そこで気になっていた、PCメガネを使ってみよう!と思ったんですが…。

これがどうにも、メリットよりもデメリットの方が大きいんじゃないかと、あっという間に挫折してしまったのでした。

JINSPC、メガネとしては軽いしそこそこ柔らかいので、悪くないとは思うんだけど…

わたしが買ったJINSPCは、みどり色。可愛いし使いたい!と思ったんだけど…

わたしは、けっこう長い間コンタクト生活をしています。
(やめたいんだけど、そのためには逆まつげを治さなくてはいけなくて、躊躇しているところ)
でも、メガネは朝晩かけているので、比較的なれている方かと思います。

なので、仕事中にずっとかけていれば良いかな?と、軽い気持ちで導入してみました。

でも、実際に使い始めてみたら、

  • 軽いしかけやすそうなんだけど、なんとなく、安定感がない…?
  • 耳のところがわたしには合っていないのかもしれない
  • レンズの映り込みがなんだか気になる!
  • 徐々にいつも以上に肩が凝ってくる…
  • 写真とか見る時、色が違ってみえるので、結局外したりしないといけない

と、意外と普通に使いこなせないことに気がつきました。
可愛いし、バンバン使い倒したかったんだけどな…。

確かに良さそうに見えたんだけどな…。難しい。

そもそも、眼精疲労はブルーライトだけで起こるわけではないらしい

確かにメガネをかけていると、ブルーライトによる目の負担が軽減できるかもしれません。
でも、やっぱり当然それだけでは、眼精疲労を防ぐことはできないそうです。

  • 1つの画面をずーっと見ていること自体が目が疲れる原因になる
  • スマホなど目との距離が近すぎることも原因になる
  • 画面が明るすぎること、白っぽいことも目への刺激になる
  • 適度に休憩をしていないことももちろん、原因になる

それに、ブルーライトはLED電球でも発しているものらしいので、パソコンの時だけ対策しても、完璧というわけではなかったり…。

考え出すと難しいな、と思いますが、目への負担を最小限に抑えようと思ったら、

  • たまに目のために休憩を挟む(遠くの景色などをぼんやり見ると良いらしい)
  • 画面の設定を少し暗めにする(見えにくいほどなのは×)
  • デスクトップやスマホの背景を黒っぽい色にする
  • 適度に目から離して使うようにする

というようなことをするだけでも、だいぶ目の疲れは軽減されるみたいです。

PCメガネも明らかにラクになるならかけていると良いそうですが、無理にかける必要はないと。
人や使い方によって、合う、合わないがいろいろあるそうですよ。

目って悪くなると回復することはほぼないとも言われているそうで、できるだけ現状をキープできるように頑張りたいものですが…。
目に見えて急激に何かが変わるとかもないので、なかなか難しいものですね。

スポンサーリンク

ぜひまたお越し下さい!

もし、このブログを気に入っていただけたなら、また遊びにきていただけると嬉しいです。
最新の更新情報を確認していただくには、facebook、twitter、Feedlyなどのご利用が便利です。

  • follow us in feedly