無印良品のノンフライかりんとう(1袋100kcal)になんだかハマった

なんとなく小腹が減ったなあ…口寂しいなあ…。
1日に「少なくとも」1回はそんなことを思ってしまうのですが。

そんな時に食べるものってけっこう難しい気がするんですよね。

ほんのちょっと食べたくらいじゃ満足できないし。
でもたくさん食べたら太りそうだし、眠くなるのも困るし。
そもそも、なんとなく食べたいだけで、何が食べたいわけでもないし。

こういう時のため!と思ってたまに試しに何か買ってみたりするものの、なかなかピタッとハマることが少ないのです。

そこで衝動買いした、無印良品のノンフライかりんとう(100kcal)

確かこれは、ネットストアで買い物した時に送料の調整もかねて衝動買いしたのですが…。
無印良品の1袋100kcalだという、かりんとうを食べてみました。

これが無印良品のノンフライかりんとう

わたしは基本的に、かりんとうとかふ菓子とか、黒砂糖っぽいお菓子好きです。
でも、中途半端なヤツって本当に美味しくなかったりして。
かりんとうはけっこう美味しいものを見つけるのが難しい!と思っています。

無印良品のノンフライかりんとうは、かりんというのザックリ感はほぼありませんでした。
でも、サックリ軽い口当たりで、かりんとうというより黒砂糖のスナック菓子っぽい!
そんな印象を受けました。

米粉がポイントなのかな?と思った

※ちなみに、かりんとうなのになんでノンフライ!?なんで100kcal!?
と謎が多かったのが衝動買いする最初のきっかけでした。

届いてから成分を見てみると、米粉などが入っているそうです。
小麦粉より米粉が多いからカリッとサクッとした感じになるのかな?と思いました。
(これはわたしの勝手な想像ですが…)

かりんとうみたいだけどかりんとうじゃないスナック菓子っぽさはなんだかとても独特だと思います。

1袋の量が口寂しさ解消にちょうど良い。これはとりあえず置いておくお菓子に良いかも!

それから1番「これは良いなー!」と思ったのが、その量でした。

このかりんとうは、100kcal分ずつの小袋が3つ入っています。
その1袋をお皿に出してみたら、スープカップに盛れるくらいの量です。
この量が食べていて、ちょうど良く感じました。

1袋分をお皿に出してみた

少なすぎるわけでも、お腹がいっぱいになるほどじゃない。 何か食べたい気持ちがちょうど満たされるくらいの量。
これはとりあえず、台所に忍ばせておきたいお菓子だなあ…!と思いました。
小袋が3つ入っているので、「あ、まだあった!」という喜びも時々感じられたりもしたし。

また今度、無印で買い物をする時についでに買っておこうと思っています。
(今見たらネットストアにはなかったので…。店頭で探してみるつもりです)

100kcalシリーズ | 無印良品ネットストア

スポンサーリンク

ぜひまたお越し下さい!

もし、このブログを気に入っていただけたなら、また遊びにきていただけると嬉しいです。
最新の更新情報を確認していただくには、facebook、twitter、Feedlyなどのご利用が便利です。

  • follow us in feedly