保育園の名前シールは、プリンタで作れるものでけっこうよかった話

うちのむすこは今年の1月から保育園に入園しまして。
4月からはまた違う保育園に通っています。

1歳児なのでとにかく持ち物が多い!!!
むすめのお下がりも活用しましたが全然足りず、服だけでも気がついたら山盛り買いました。
(春はユニクロに、夏はしまむらにめちゃくちゃお世話になりました)

と、用意するまでも面倒だけど、さらに大変なのが名前書き。

スタンプにするか、シールを注文するか、はたまた手書きでいくか、うーん、どうしよう。
直前までかなり悩みましたが、結局、プリンタで作れるお名前シールを使うことにしました。

わたしが使ったのは、エーワン布プリのびるアイロン接着タイプ

わたしが使ったお名前シールは、こちらです。
エーワン 布プリ のびる アイロン接着タイプ 16面 3枚 33637

こんなペロペロの紙に印刷するアイロンシールです

ペロンペロンの布にプリンターで直接印刷するアイロンシールです。
ハガキサイズで、1枚当たり16枚の名前シールが作れます。

サイズはいろいろありますが、あまり小さすぎると保育園にご迷惑をかけてしまうし、あまり大きいと名前が大きすぎて毎日用意する自分が悲しくなるのでこのサイズがちょうど良いと思いました。
名前を貼るものによっては1枚当たり14枚できるというサイズでも良いかもしれません。

※サイズ一覧もこちらのページに:エーワン 布プリ のびる アイロン接着タイプ 16面 3枚 33637

1袋に3枚しか入っていないので、わたしは2セット購入しました。(そしてもうなくなった…)
安いのでまあ良いですが、もうちょっと入っていたら良いのにな、とすごく思いました。

ちなみに、名前の印刷には、専用のアプリかパソコンのソフトを使います。
わたしは、パソコンのソフトを使いました。

ラベル屋さん、というソフトを使ってフォーマットを作る。

テンプレートみたいなものも用意されてはいるものの、なんとも言い難いデザインなので…。
わたしは自分で適当に作りました。

自分で適当に作ったフォーマット。※名前はモザイク入れてます

背景のストライプ模様は、このツールについているラインツールを利用して作りました。
(なまえにモザイクを入れているのでわかりにくいかもしれませんが…)
他にも単純な形はそろっているし、何か使いたいアイコンみたいなものがあれば、その画像を取り込むこともできます。
あまり小さすぎると何が何やらわからなくなるので、大きく、シンプルに!がポイントだと思います。

とは言え、こんなものが作りたい!とちょっとの思いつきがあれば、やろうと思えばできるツールです。
使いやすくはないものの、ハマればけっこう活用できるのかも?と思いました。

これに限らずアイロン接着系のシートはけっこう、コツが必要

それから、作った名前シールのデザインをプリンターで印刷します。
わたしが使っていて感じた、印刷を成功させるコツはこちらです。

  • 用紙をうまく読み込んでもらえない!
    
 → 下にもう1枚ダミーの用紙を重ねて給紙トレイに入れるとうまくいくかも
  • 印刷がずれる!
    → プリンターの給紙トレイについている、用紙のストッパーをきちんと使うといけるかも
  • 色がなんだか変!
    → 基本的にちょっと色は薄いみたいです。そうでなければ、プリンタのインクを確認すると良いかも

無事に印刷ができたら、最低30分くらい乾かします。
これで、名前シールの完成です。

こんなシールができ上がる。ペロンとはがすとアイロンでくっつけられる

貼り付けるときは、こんなコツがあります。

  • ちゃんと貼り付けたつもりが、すぐにはがれる
    → アイロンの温度か時間が足りていないかもしれません。タオル地など接着面が少ないとはがれやすいです
  • 貼る場所を間違えた
    
 → 再接着も可能なので、ササっとはがして貼り直すと良いです。熱いうちならダメージも少ないです
  • そもそもアイロンが面倒!使いにくい!
    → わたしは面倒なとき、(邪道ですが)ヘアアイロンを使っています^^;

ヘアアイロンは地味に便利でした。(いろいろ気になりますが…)
温度も高いし、裏表をはさめるのでしっかりくっつく印象です。
「ああ、名前書くの忘れてる!」ときにもサッと使えるので、安いヘアアイロンを1つ、接着用に置いておいても良いのかも。

あと、保存環境が悪い状態でしばらく置いていたり焦げたりすると、ちょっと黄色っぽくなります。
ただ、他社製の手書きのアイロンシールでも同じようなことになっているので(むしろこっちの方がひどい)、この名前シールがだめ!なんじゃなくてアイロンシール自体がこういうものっぽいです。

スタンプより保つし手書きシートより長持ちするしいつでも作れるし、ずぼらにはちょうど良い

名前書きについては、いまいちベストな方法が見つけられず、あれやこれやといろいろ使ってきました。

  • 直に手書きは手軽だけど、きれいに仕上げるのがめちゃくちゃ難しいし
  • スタンプは確かに便利だけど、薄いし失敗したら終わりだしすぐ消えるし
  • (アイロンではない)シールになっている名前シールはすぐはがれたし
  • 注文式の名前シールはちょうど良いサイズばかり減ってあまるし足りなくなったら終わりだし
  • テプラとかは微調整や使いこなすこと自体が面倒になるのが目に見えているし(体験してみた感想)

結局、ベストな名前書きって一体なんなんだろう…?と思っていました。

そんな中で今回使ってみたプリンタで作る名前シールは、けっこう

  • 最初にたくさん一気に作っておけばあとは貼るだけだし
  • シートの角が丸くなっているなど、やり直しにならない工夫は1番されている気がするし
  • コストパフォーマンスも悪くないし
  • 仕上がりはそこそこきれいだし、コツをつかめば失敗も少ないし
  • 用紙の選び方次第でバリエーションもいろいろあるし

アイロンプリント用のものばかりではなく、防水仕様や光沢仕様などもあるみたいです。
アプリやパソコンのソフトでデザインも管理できるし、必要になったらまたすぐに同じものが作れるし。
また名前をやり直さなくちゃ!という事態は今までで1番少ないと感じています。

そこそこの名前書きとしては、まあ良いかなあ?というところです。
これがベスト!と確信は持てないけれど、今までで1番面倒なことが少ない方法だなあ、と思っています。

3月末ごろは「小人さんが夜中にやっておいてくれたら良いのに…」と願いつつアイロンを握りしめていましたが。
とりあえず水遊びシーズンまで乗り越えたので、あとは厚手の服が増える今年の冬までは安心して過ごせそうです。

あわせ買い対象ではあるものの、Amazonで買うのが1番やすかったです。(2016年7月現在は40%オフ)

ぜひまたお越し下さい!

もし、このブログを気に入っていただけたなら、また遊びにきていただけると嬉しいです。
最新の更新情報を確認していただくには、facebook、twitter、Feedlyなどのご利用が便利です。

  • follow us in feedly