2度目の出産は無痛分娩にしてみて良かった…という話

3月末に2人目を無事出産しました。
(2人目は男の子で、産まれてみたらビッグなベビーでした)

人生で2度目の出産だったのですが、今回はどうしてもやってみたいことがありました。
それは、無痛分娩(和痛分娩)です。

1回目であるむすめの出産の時に、予定日超過で最初から最後まで陣痛促進剤を使っての出産になり、出産時も出産後もダメージがとても大きくて(精神的にも母子手帳とかに残る数値的にも)。
その記憶があったからこそ2回目は、どうせなら(人生でそう何度もチャンスがあるものでもないし)また違う方法でやってみたい!できればまた違う感じで体験できる方法で!と思っていたのです。

そんなわけで今回は、妊娠がわかってすぐくらいから無痛分娩ができる病院を探していろいろ調べて申し込んで、いろいろ気合いを入れて挑んだのでした。

いわゆる「普通の出産」と無痛分娩で違うところと同じところ

2回目は無痛分娩で無事出産できました

無痛分娩の前提としては、麻酔ができる産婦人科医か麻酔医がいる病院じゃないとできないものらしいです。
もちろん、希望すれば誰でもできるというわけではありません。

そのため料金もけっこう上乗せされることが多いし、都心部では無痛分娩ができる病院はあっという間に予約が埋まってしまって申し込みができないのも少なくないようです(←前回の経験談)。
欧米ではかなり一般的だけど、日本ではまだまだ増えにくい現状があると病院では話されていました。
でも希望している方は徐々に増えているそうで、無痛分娩ができる病院では無痛分娩を選ぶ人がとても増えているらしいです。

などなど言っても、今回病院で教えてもらうまでわたしも言葉くらいしか知識はありませんでした。
今も正直、そこまで詳しくなれたわけではありません。

大きく違うのは、分娩時に背中から麻酔薬を入れつつ出産できるということです。

そのおかげでいわゆる「普通の出産」とは大きく違うことがけっこうあります。

  • 陣痛の痛みがかなり緩和されるし出産時の痛みがほぼない
  • 分娩室に入ったらまず、麻酔薬を入れるために背中にチューブを入れることになる
  • 分娩室に入って麻酔が効いてくると下半身の感覚がけっこうなくなる(歩けないくらい)
  • 陣痛がのってきたら食事が摂れない(麻酔を入れるため)
  • 分娩室に入ったら基本的に全裸だった…(タオルがかけられているだけ)
  • 感覚的にいきみたい!とかがよくわからなくなる。かなりギリギリまで耐えられるみたい
  • 麻酔を入れるタイミングによっては、分娩の進みが遅くなる傾向も多少あるらしい
  • 麻酔のおかげで出産後の縫合とか導尿とかの辛さがまったくなかった
  • 出産費用がけっこう上乗せされてしまう病院がほとんど(わたしは+10万でした)

とは言っても出産は出産。
無痛だろうがなんだろうが、同じように感じられることももちろんありました。

  • 陣痛が来るのをひたすら待つ。お願いした病院では誘発などはほぼ考えられていなかった
  • 陣痛が来てもある程度しっかり陣痛がついて進むまで陣痛に耐えるのは変わらない
  • 赤ちゃんの心拍を常に確認しながら進めるのも同じ
  • 出産時は基本的に助産師さんがついて進めてくれる(先生が出てくるのはちょびっと)
  • 最後は多少いきむ必要はあるみたい。助産師さんに手伝ってもらいながら進められる

出産の流れは最初は同じでだんだんラクになっていく
そんな印象で出産が進んだと思います。

無痛分娩をしてみて1番良かったのは、ダメージが少なかったこと

そんなわけなので、陣痛が辛い!もう無理!!という状況までは(麻酔も入れないので)普通の出産と大きく変わりはありません
無痛分娩とは言うけれど、無痛ではないなあ、というのも感想のひとつです。

でも、分娩室に入ってからの痛みはかなり緩和される(というかほぼ無痛な)ので、これがラク
それに、徐々に辛くて余裕がなくなってくる陣痛が麻酔のおかげでひとりでも乗り越えられそうなくらいラク。
腰をさすり方がダメだとか夫の言動がムカつくとか、あとで笑える諍いを生む心配がほぼない。

普通の分娩のときには、間際になると普通に考えることすら難しいし、夫婦の仲も引き裂けそうになっていましたが…。

  • 無痛のおかげで分娩間際でも夫と普通にしゃべることができる!
  • 痛いのは痛いけれど余裕があるので、出てくる感覚や産まれたことに純粋に感動することができる!
  • 出てきた後にどっと疲れた感じが全然ない!もう1回くらいできそうな爽快感だけが残る印象

地味にダメージが大きい縫合とかも痛みがまったくない。
そもそも、出産後の痛みも麻酔が切れるにつれて徐々にやってくるので精神的なダメージも少ない。
関係があるのかわからないけれど、出血も少なかったしその後の痛みもほとんどなく。
出産後でも眠いくらいでかなり元気に過ごせているのがとても良かったです。
(もちろん、個人差はかなりあるものだと思うので、一概にこう!とは言えないものですが…)

出産時や出産後に余裕が持てるのがとにかくラク。
これだけで、無痛分娩をしてみて良かったなあ、と感じられました。

1回目の出産が辛かった方や出産は怖いという方、サポートが難しい方に良さそう

逆にデメリットといえば、

  • 料金がよけいにかかってしまうこと
  • 多少はリスクを負うことになること(といってもかなり少ないらしいのですが…)
  • タイミングによっては、分娩の進みを遅くすることもあること
  • 周囲の理解を得るのが難しい場合もあること
  • はじめての出産だといきむ必要があるタイミングなど、わからないままになることもあるかも…

などがあると思います。

それでも、やってみて良かったなあ!と思えるのは、それでもラクだった!という気持ちが勝るから。
出産後とは思えないほど元気に過ごせたのが、思った以上に助かっています。
(今回は出産翌日に円座の座布団すら必要なかったことに驚いた)

出産後にしっかり休めそうな環境があれば、出産費用が高くついた感じになるかもしれません。
でも、出産に対して辛いとか怖いとかの印象が強い場合や出産後にサポートがあるかが心配な方なら、このラクさは助かりそう
それに、出産を余裕を持ってじっくり体感したい方なら、この方法はかなり良い方法なんじゃないかと思いました。

考えようによっては余計な出費ではありますが…。 個人的にはがんばって貯金して本当に良かったです。
無痛分娩の感想で「このままもう1回できそう!」というものがありますが、わたしも確かにそんな印象でした。

いろいろ考え方やお好みはあるかと思いますが、迷っていたら「良かったよ!」と言える経験ができたなあと思っています。

スポンサーリンク

ぜひまたお越し下さい!

もし、このブログを気に入っていただけたなら、また遊びにきていただけると嬉しいです。
最新の更新情報を確認していただくには、facebook、twitter、Feedlyなどのご利用が便利です。

  • follow us in feedly