白雪ふきんを使って1年経過。半年くらい経った頃からとても残念な姿になってきた…

使ってみたいなあ楽しそうだなあという興味から使いはじめた白雪ふきん。
気がついたら使いはじめてから1年が経過していました。

汚れ落ちはなかなか良いし、ほど良い厚さで台拭きとして使いやすい。
柄も可愛いしこれは良いなあ…!と使いはじめた頃はとても良い感想を持っていました。

ただ、繰り返し使っては洗っているうちに、気がついたらなんだかとても残念な姿になっていることに気がついたのです。

白雪ふきんを1年ほど使い倒してみた結果…。

白雪ふきんの使い倒された姿。なんでこうなったのか…

新しかった頃と比べて、とても変わってしまいました…。

  • 汚れ落ちはまあ良いけれどでも汚れが残ったり徐々に黒ずんできている(カビ…?)
  • ものすごく縮んだ!最初の7割くらいになったんじゃないかと思うくらい縮んだ
  • 裏のガーゼがほつれてきていて、ボロボロ感が出てきた
  • 手触りもとてもゴワゴワに…。折り畳んでも返ってきてしまうくらい固くなった
  • 縮んだり色が落ちてきているせいか、柄ももう何やらよくわからない状態に…

とにかくゴワゴワになって縮んで…。使い切った感がとてもあります^^;

手洗いしたり洗濯されたり、時々煮洗いされたり漂白されたりして、日に当てて干されていた我が家の白雪ふきん。
1年も経たないうちにこんな状態になってしまいました。

裏側もボロボロになってきて、汚い・・・

台ふきんなので1年程度で買い替えるというのはズボラなりになんとなく理解できるのですが。
それでも、もうちょっと使えてくれたら良かったのになあ!と感じるのが正直な感想です。

花ふきんが良い感じに育ってきているのでよりそう思うのかも…

実は、同時期に食器拭きとして使いはじめた花ふきんが、とても良い状態に育ってきています。

花ふきんと比べると白雪ふきんはどうしても…

手触りはふわふわ。まだほとんどほつれていないし、多少色あせはあるけど見た目にもほとんど変化なし。
強い布だと聞いていたけれど、本当に強いヤツなんだなあ!と感じられているのです。
こちらは当然、まだまだ使えると思います。
(食器拭きに使っていたので、比較するには無理があるかもしれませんが…)

そんな比較対象があるので尚更、白雪ふきんは・・・と思ってしまうのかもしれません。

白雪ふきんとはこれでさよならすることになりそうです

なんだかとても残念な最後になってしまったなあ…とついつい感じてしまう白雪ふきん。
可愛い見た目やふんわり柔らかい最初の印象が良すぎたのかもしれません。

ただ、1年使い倒せば十分!と考えられるっちゃあ、考えられます。
それに、ずぼらな自分の洗い方も何か悪かったところがあるような気もしています。
最初とのギャップが激しすぎて、ショックが大きかったところもあるかもしれません。

とは言え、なんでこんなに縮んでしまったんだろう…。それがとても謎です。

残念ながら、縮み過ぎて雑巾へ格下げするのも難しそうな状態です。
なので、これで白雪ふきんとはさよならすることになりそうです。

うちの布巾は次は何になるかまだ考え中ですが…。
次はもうちょっと機能的な布巾になりそうな気がしています。

スポンサーリンク

ぜひまたお越し下さい!

もし、このブログを気に入っていただけたなら、また遊びにきていただけると嬉しいです。
最新の更新情報を確認していただくには、facebook、twitter、Feedlyなどのご利用が便利です。

  • follow us in feedly