4月!今日からマークスEDITを使うことにしました

4月がはじまりました。新年度!です。

ここ3年ほどはずっと手帳を持たず、iPhoneでスケジュールややることを管理していたのですが。
いろいろ理由があって、今年から紙のスケジュール帳に戻すことにしました。

使う手帳は、1日1ページ。書きやすさも評判だったりする、マークスのEDIT
同じような機能を持つ手帳として、ほぼ日手帳もあるのですが…。
いろいろ比較して、今年はあえてこちらを選んでみることにしました。

※比較したポイントはこちらにまとめてみています。
マークスEDITとほぼ日手帳を勝手に比較してみた

マークスのEDIT、シンプルで続けやすいと思う

EDITは、サイズ、色、カバーなど、書きやすさがシンプルで良いと思う。

マークスダイアリーのEDITという手帳は、2012年に日本文具大賞でデザイン部門グランプリを取ったという手帳です。
(それより前からたまに使っていたので、「おお、おめでとう!」とテンションが上がりました)

遠目に見たら、真っ白な手帳

毎月のスケジュールと、1日1ページのスケジュールが書き込めます。

1日1ページのところは、本当に遠目に見たら真っ白。
すごく控えめに、24時間対応の時間軸がついています。

ほぼ日と同じく、ページを開いたらそのまま。開いたままでいてくれます。

カバーもすごくシンプル!

カバーもこういうシンプルー!なものがほとんど。
(色違いがたくさんあるので、地味目な色を選べば仕事でも使えそう)

手触りもしっとり系。もしかしたら汚れにも強いのかもしれない…?

ただ、ゴムが1年で伸びきらないかだけが心配^^;

月のはじめに「目標」とかも書き込める

ついでに…。
月のはじめに目標を書いたり、月でやるべきことを書き出したりもできる。
月の途中で「記録しておきたいこと」を書き込む欄もある。

ただ、字が小さいわたしには、ちょっと1行の行間が狭く…。
上手に書き込めないのが残念…。

こんなところが特徴の手帳です。

「使い方いろいろ!」という点では、ほぼ日とたぶん同じような感じなのですが…。
とにかくシンプルで、ノートみたいな日記帳みたいな手帳のような気がしています。

休みの日はグレーになっていたりするので、どちらかというと仕事の管理に向いているのかも

ちなみにこの手帳、1日ごとのページは全部白いですが、月ごとのページは休日にグレーの色がついています。
どちらかというと平日に使い倒したい!という方に向いているかもしれません。

あと、月ごとの目標管理!とかできる感じも加わって、この手帳は

  • 働きながら資格取得などを目指している、勉強中の方
  • 慣れない仕事に取り組んでいて、じっくりと振り返りながら毎日を過ごしたい方
  • 仕事や家事で慌ただしく過ぎる毎日を、日記など何かしらの記録を残しておきたい方
  • 1日1ページで(勉強や創作など)何かを続けてみたい…なんて目論見がある方

なんて方々が使うのにはちょうど良いのかもしれないなぁ、と思いました。
(逆に、忙しすぎて1日1ページも書くことが思いつかない…!という方はやめておいた方が良さそう^^;)

わたしの決め手は、「使いこなさなくちゃ!というプレッシャーを感じなかったところ」かもしれない

わたしは個人的に、本当にノートみたいなので多少書かない日があっても気にならない気楽さを感じるところがとても気に入っています。
(過去、ほぼ日に2回ほど挫折したことがあるし、久しぶりの手帳だったので…^^;)

ほぼ日手帳はどちらかというとゴテゴテ。
こっちのマークスEDITはとにかくシンプル!

もちろん好みはいろいろあると思うのですが、わたしはこのシンプルで気楽な感じが良いのかもなぁ、と思いました。
挫折しないよう、気張らず使い続けてみようと思っています。

ちなみに。マークスEDITは毎年、1月/4月はじまり。カバーもいろいろあるみたい。
楽天でマークスEDITを検索

ぜひまたお越し下さい!

もし、このブログを気に入っていただけたなら、また遊びにきていただけると嬉しいです。
最新の更新情報を確認していただくには、facebook、twitter、Feedlyなどのご利用が便利です。

  • follow us in feedly