おいしっくすを試してみたくて、野菜鍋をお取り寄せ。らでぃっしゅぼーやと比べてみた

そういえば、少し前になりますが、我が家でもついに(?)おいしっくすの野菜を試してみました。
野菜のお鍋セットをお取り寄せしてみたのです。

もちろん、これだとおいしっくすの定期便?とはちょっと違うと思いますが…。
でも、確かに美味しかったしらでぃっしゅぼーやと比較できるところもあった気がするので、らでぃっしゅぼーや愛用者目線から勝手に比較をしてみようと思います。

今回お取り寄せしてみたのは、らでぃっしゅぼーやのにんにくオリーブ鍋。

そんなわけで今回試してみたのは、らでぃっしゅぼーやのにんにくオリーブ鍋でした。
こちら:カラフル野菜と館ヶ森豚のにんにくオリーブ鍋 | Oisix産直おとりよせ市場

今年はさらにバージョンアップしてるらしいオリーブ鍋

野菜がたっぷりと豚肉が少し、仕上げにオリーブオイルをかけて食べる洋風鍋です。
〆はパスタ!と、主婦心をくすぐられて決めました。

食べてみた感想はもちろん美味しい!
野菜は確かに美味しいんですが、スープとかパスタとか、メインじゃないところ?が美味しくて。
野菜の味が引き立っているような印象でした。

うちはなんだかんだと子どもも夫も野菜大好きになってくれているので、みんなすごい勢いでした。

〆のパスタも本格的なモチモチで美味しかった…!

野菜はそのまま送られてきましたが、調理自体も簡単。
説明書もとてもわかりやすかったし、多少ザックリ作ってもちゃんと出来上がるし。
(実はこの調理も夫がやってくれました。でもちゃんと美味しくできました)

便利だなあ!簡単だなあ!美味しいしなあ!ととても満足できました。

らでぃっしゅぼーやとおいしっくすの野菜はぶっちゃけ、どっちが美味しい?

で、気になったのが野菜の味。
実際に食べてみて、らでぃっしゅぼーやとどう違うと感じるかな?と考えながら食べたのですが…。

ぶっちゃけ、どっちも確かに美味しかったです。
どっちがどう、というのは正直、ありませんでした。
(一応夫にも聞いてみたけれど、同じくらいだという感想でした)

ただ、個人的に感じたのはこういうことでした。

  • らでぃっしゅぼーやの野菜:野菜そのものを大切にそのまま届けてくれる
  • おいしっくすの野菜:野菜そのものよりも野菜の演出が上手なのかも?

どちらも低農薬、無農薬の野菜には違いなく、大事に育てられたものだと思います。

ただ、らでぃっしゅぼーやは基本的にその野菜に何か演出をしたり、より美味しい食べ方の提案とかはしてもらえません。
(レシピは教えてもらえるけれど、農家さんに聞いた美味しく食べるレシピが大事にされてる)
野菜そのものをとても大切に、育てられ方とか農家さんから直接届いてくる印象です。

おいしっくすから届いた野菜。枯れとかしおれはあったんですよね…

それに対しておいしっくすの方は野菜に演出してブランド化されているものが多いなあ、と。
野菜ひとつひとつに何か特別な名前がついていて、美味しく食べる方法もあれこれしっかり演出してもらえる。
たぶん、食べ方に悩む必要はないと思います。ありがたくいただける印象。

実は、野菜が微妙に枯れていたりしおれていたりしたものもけっこうあったのですが、それもまた美味しさの証明っぽく見えるような…
本当にイヤミな意味ではなく、おいしっくすは野菜のラッピングが上手いなあ!と感じました。
(らでぃっしゅでは野菜が枯れているとかは滅多にないです。そういう意味では安心なのかも?)

どちらも美味しいけれど届き方やその他の情報が違うので、最終的には好みなのかな、と

とは言えどちらも同じ野菜。
スーパーで買ったりするものとは比べ物にならない美味しさは確かだと思います。

なので、どっちの方が良い!というわけではなくて、

  • 野菜そのものを自分なりにいろいろ楽しみたいという方はらでぃっしゅぼーや
  • 野菜をより便利に美味しく楽しみたいという方はおいしっくす

みたいに、好みや生活スタイルによって選ぶと良いような気がしました。

我が家はたぶん、らでぃっしゅぼーやで楽しみつつ年に1回くらいおいしっくすかな?と思います。
「ごちそう野菜」は時々食べられれば十分なので、毎回おいしっくすだと疲れそう^^;

とは言え、来年のおせちもおいしっくすにしよう!と思っているので、またお正月に一緒に何か頼むことになりそう…と思います。
※今年のおせちの様子:2015年にも頼むと思う…!おいしっくすのおせち「高砂」を頼んだ感想

※今回頼んだのはこれでした。カラフル野菜と館ヶ森豚のにんにくオリーブ鍋 | Oisix産直おとりよせ市場

ぜひまたお越し下さい!

もし、このブログを気に入っていただけたなら、また遊びにきていただけると嬉しいです。
最新の更新情報を確認していただくには、facebook、twitter、Feedlyなどのご利用が便利です。

  • follow us in feedly