フルーツヨーグルトみたいになって驚いた!ヨーグルト専用のドライフルーツも試していました。

そういえばずいぶん前になってしまいましたが、ドライフルーツセットを試した時、一緒に試していたものがありました。
※その時の記事:ドライフルーツの通販でおすすめらしい、上野屋さんでお試しセット買いました

それは、ヨーグルト専用ドライフルーツミックスというものなのですが…。

よくある市販のヨーグルトに、直接、ザラザラッとこのドライフルーツを入れて、半日くらい漬け込むというちょっと変わったドライフルーツで。
ちょっと高かったけど、これは新感覚!!だったのです。

そのまま食べたり、入れる分量を間違えると全然美味しくなくなるんですが…。
ちゃんとヨーグルトに漬け込むとなんだこれー!とちょっとした衝撃を受けました。

ヨーグルトに漬け込むドライフルーツってどうなの?

ちなみに、そのドライフルーツミックスというものはこんなものです。

これがヨーグルト専用のドライフルーツミックスです

  • ヨーグルトに入れるために、かなり細かくカットされたドライフルーツミックス
  • でも、レーズンは入っていないらしい(入っていても美味しそうなんだけどなあ…)
  • 市販のヨーグルトのふたを開けて、直接ザラザラッと入れて置いておけば完成
  • 半日くらいは漬け込んだらヨーグルトが美味しくなる(夜から朝くらい)

ちゃんと決められた分量をちゃんと漬け込んで食べると、「うおおお!」と感激する美味しさなのが、何よりの特徴です。
ヨーグルト専用と言われているだけあるんだなあ!と食べると感じました。

近くで見ても小さい!本当に小粒なドライフルーツなので、食べても何が入ってるかはよくわからない

見た目もめちゃくちゃちっちゃいです。

試しにそのまま食べてみたりもしたんですが、小さくて何が何やら…。
これはもしかして失敗したか?と、うっすら感じてしまうほどでした。

本領発揮は、分量通り漬け込んでから。ただのプレーンヨーグルトだったと思えない印象に

少し不安になりつつも、とりあえず作ってみることに。
といっても、作り方はとても簡単です。

450g入りヨーグルトのふたを開けて、隙間の半分くらいまでザザッと流し込むだけらしいです。

ヨーグルトの中に、ドライフルーツを入れてみたところ

またふたをして冷蔵庫に戻し、6〜8時間くらいで完成とのこと。
というわけでこれで完成。見た目はそんなに変わりませんが、香りがほんわり甘くなりました。
(これは1回かき混ぜてから写真を撮りました。最初は全部沈んでいました)

完成!見た目に変化は少ないけれど、ほんわり甘い香りになりました

それから食べてみたところ…。
そのまま食べた時のあの何やらよくわからない感がウソのようでした。

  • もともとドライフルーツだったと思えないほど、ふにゃふにゃの状態に
  • ドライフルーツについていた砂糖が良い感じになじんで、ほど良い甘さに
  • ただのヨーグルトとドライフルーツだったとは思えない感じのフルーティー感!

ヨーグルトっぽい、ほど良い甘さがじんわりしみるような美味しさ。
ただのプレーンヨーグルトだと思っていたのに、フルーツミックスヨーグルトみたいな味にガラリと変わって、美味しいしびっくりするし「おおおお!」となりました。
(写真撮るのを忘れてしまったのが残念…)

ヨーグルトには生のフルーツやら冷凍のフルーツやらを入れて食べることが多かったのですが…。
生フルーツより冷凍フルーツよりドライフルーツを入れるのがダントツで美味しい!と思いました。

より美味しく食べるコツは、入れすぎないこと。ケチってるくらいがちょうど美味しい

ちなみに、このドライフルーツは「隙間の半分くらいまで」が適量とのことですが…。
ちょっと欲張ってたくさん入れると、美味しさが半減すると思います。
(甘さばっかり際立って、ヨーグルトっぽさがなくなる)

正直、安いものではないのでついついケチりたくなるのですが、これはケチった方が美味しい

そんな風に感じました。

それから、このドライフルーツの美味しさが忘れられず、他のドライフルーツを漬け込んでみたりしましたが…。
ここまで美味しくできなかったのも少し衝撃でした。(方法を研究しないといけないのかもしれない…)

確かに、ヨーグルト専用とされているだけある実力だと思います。
また食べたいなあ…と、けっこうよく思っているけれど、お値段でなんとなく躊躇してしまう今日この頃です。
(決して高くはないとは思いますが、うちでは人気が出てなんだかんだとあっという間になくなってしまったので…)

レーズンが入っていないのがこだわりらしいのですが、入っていても美味しそうな…

ぜひまたお越し下さい!

もし、このブログを気に入っていただけたなら、また遊びにきていただけると嬉しいです。
最新の更新情報を確認していただくには、facebook、twitter、Feedlyなどのご利用が便利です。

  • follow us in feedly